三重県、外国人の快適旅行へ案内サインを作成

  • 2009年12月5日

案内サインの一例

案内サインの一例

 三重県は、外国人旅行者が快適に旅行できる環境づくりに向けて、ピクトグラム(絵文字)と11の外国語で表示した案内サイン10種を作成した。11月26日から県の観光情報ホームページ(HP)で市町村や観光関係事業者が自由にデータを入手できるようにした。旅館・ホテルや観光施設、交通機関などの屋内外の案内表示に活用してもらう考えだ。

 案内サインには、JIS(日本工業規格)で採用されているピクトグラムを使用。トイレ(3種)、立ち入り禁止、喫煙所、情報コーナー、エレベーター、バス乗り場、鉄道、現金自動預け払い機(ATM)の10種。表示した外国語は、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、タイ語、アラビア語となっている。

 案内サインの種類は県内観光事業者へのヒアリングから10種を選定したが、来年度以降、必要に応じて増やす考え。言語は、政府のビジット・ジャパン・キャンペーンの重点市場と、今後の伸びが期待される市場の言語を選んだ。また、県内にブラジル国籍の居住者が多いことからポルトガル語も加えている。

 三重県の外国人延べ宿泊者数は、観光庁の宿泊旅行統計調査によると、08年で9万900人。「外国人旅行者に対応した案内表示は十分とは言えないのが現状。案内サインを普及させ、受け入れ態勢の整備につなげたい」(県農水商工部観光局観光・交流室海外誘客グループ)。

 案内サインは、三重県の観光ホームページ(http://welcome.kankomie.or.jp/japanese/)からPDFファイルでダウンロードできる。案内サインには、「Welcome to Mie」の言葉が入っている。

案内サインの一例
案内サインの一例

関連する記事

東北観光推進機構(小縣方樹会長=JR東日本副会長)は10月31日、ホテルメトロポリタン山形(山形市)で、2021年4月から6カ月間にわたり開催される東北デスティネーション…

続きを読む

長野県阿智村は、「天空の楽園 Winter Night TourSeason2019」を開催する。 長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長:熊谷秀樹(阿智…

続きを読む

中部国際空港は7日、「中部地域観光セミナーin仙台」を開催した。 中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市以下:セントレア)は2019年8月8日よりエアアジア・ジ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube