三村青森県知事、新幹線延伸は「ビジネスチャンス」

  • 2009年7月25日

 青森県と青森県観光連盟は15日、首都圏の旅行会社や観光関連事業者、メディアを対象とした観光説明会を開いた。三村申吾・青森県知事自ら、県内観光の状況や新たな観光トピックスについてプレゼンテーションを実施。りんご柄のアロハシャツを着て、「いよいよ新幹線延伸、一緒にビジネスをやりましょう」と力強く訴えた。

 冒頭、林光男・青森県観光連盟理事長は「新幹線延伸の効果を最大限に取り込むために、新しい観光連盟を発足させたりJRと共同で新しい観光資源の掘り起こしを進めたりするなど、官民一体となった取り組みを加速させている」と県観光拡大への態勢が充実しつつある現状を説明。

 続いて三村知事が登壇し、同県出身の作家・太宰治の記念館や太宰にまつわるもので作った駅弁などの太宰に関するコンテンツや「十和田バラ焼き」などのB級グルメについて紹介。「青森は常々工夫が足りないと言われてきたが、『やってまれ(やってみよう)』の精神で、おもしろいものがたくさん出てきた。何よりの魅力は、人の面白さ、まっすぐさだ。(売り手よし、買い手よし、世間よしの)『三方よし』となるよう、ぜひ協力を」と呼び掛けた。

 参加者を代表して青森県への応援メッセージを贈った清水愼一・JTB常務取締役は、「われわれ旅行会社の人間でも青森に行かない人が多いが、実際に行って良さが分かるのが北東北。率先して行って、その魅力を感じ取ることが重要だ」と話し、魅力ある商品づくりへの努力を約束した。

 青森県は2010年12月に東北新幹線延伸を控えるほか、翌11年4月23日から7月22日まで同県単独でJRのデスティネーションキャンペーンを予定。国内最速の時速300キロで運行し、東京〜青森を3時間で結ぶ新型新幹線E5系の2013年春の導入も予定され、観光分野の成長が期待されている。

関連する記事

宿泊施設専門の総合情報システム会社、タップ(東京都江東区、林武司社長)は10月31日、「タップユーザー会」を帝国ホテル東京で開いた。同社のユーザー施設を中心に約400人が…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。 同月のサービス産業の事業従事者数は、宿泊業が前年同月比3.4%増の73万3400人と、5カ月連続で増加し…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は前年同月比17.8%増の6798億6800万円と8カ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube