一致指数改定値、2ヵ月ぶり上昇 内閣府4月景気動向指数

  • 2019年7月10日

 内閣府がこのほど公表した今年4月の景気動向指数(CI、2015年=100)の改訂値は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.0ポイント増の102.1と、2カ月ぶりに上昇した。先に公表の速報値(101.9)から0.2ポイント上方修正した。ただ、基調判断は「悪化を示している」と、前月と速報段階の判断を据え置いた。

 数カ月先の景気を示す先行指数は同0.2ポイント増の95.9と、2カ月ぶりに上昇。速報値(95.5)から0.4ポイント上方修正した。

関連する記事

コングレは23日、会議研修施設「コングレスクエア羽田」を2020年夏にオープンすると発表した。 株式会社コングレ(東京都千代田区、代表取締役社長:武内紀子)は、2020年…

続きを読む

JTB旅連事業は、レンタサイクル事業に関わるリスクを包括的に補償する「レンタサイクル賠償保険」を発売した。自転車利用者に対して、自転車損害賠償保険などの加入を義務付ける都…

続きを読む

総務省はこのほど、家計調査報告の8月分を公表した。同月の2人以上世帯の消費支出は1世帯当たり29万6327円で、前年同月比で実質1.0%増と、9カ月連続で増加した。10の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube