一木旅館が登録有形文化財に 


料理店として活用されている一木旅館

 国の文化審議会はこのほど、和歌山県海南市の一木旅館など90件を登録有形文化財(建造物)に新たに登録するよう文部科学相に答申した。官報告示を経て登録されれば、同文化財は累計1万3422件になる。

 同文化財は、原則として建設後50年を経過した建造物のうち、歴史的景観に寄与している、再現するのが容易ではないなどの評価を得たものが対象となる。

 現在は料理店として活用されている一木旅館の登録は本館、玄関棟、旧館、新館、門と塀の5件。本館は江戸末期の建設で、玄関棟、新館、門と塀は1937年ごろの建設とされ、長保寺の参拝路に沿いにある。「歴史的な景観を構成し、参拝路に欠かせない貴重な建物」という。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒