ヴァージン・オーストラリア航空、2023年6月に羽田=ケアンズ線を初就航

  • 2022年12月27日

 ヴァージン・オーストラリア航空(オーストラリア・ブリスベン、ジェイン・ハードリカCEO)は2022年12月14日、日本への新規就航を正式に決定し、2023年6月28日(水)に羽田=ケアンズ線を就航する計画を発表した。同路線は東京(羽田)=ケアンズ間を毎日1便で結ぶ唯一のルートで、使用機材は最新鋭のボーイング737-8型機を予定する。

Boeing737-8Boeing737-8

 世界的にビジネス利用の航空需要が鈍化傾向にある中、ヴァージン・オーストラリア航空では、観光利用の回復を見込んで東京(羽田)=ケアンズ線の開設を決定、日本・東京(羽田)とオーストラリア・ケアンズを初めて結ぶ路線として運航を開始します。
日本の入国規制が緩和される中、オーストラリアをはじめとする各都市への航空需要は復調傾向にあります。2014年から2019年にかけて、日本からオーストラリアへの旅行者は年平均8.4%増の年間約49万8千人※1、オーストラリアから日本への旅行者は年平均15.6%増の年間約62万2千人※2となり、両国間の旅行需要は大きく伸長しています。直近の調査によると、ケアンズは、オーストラリアを訪れる日本人旅行者に最も人気の高い旅行先※3で、ヴァージン・オーストラリア航空では、この需要に応え、プレミアムゲートの羽田とケアンズを結ぶ唯一の直行便ルートとして開設します。

※1 Source: DIBP Overseas Arrivals and Departures 2019
※2 Source: JNTO 国籍/月別 訪日外客数(2003年~2022年)
※3 Source:Toursim Australia Aus destination experience awareness Sep 2022

オーストラリア北東部に位置するケアンズは、自然豊かなリゾート地への玄関口にあたり、「世界最古の熱帯雨林」と「グレートバリアリーフ」という2つの世界遺産を有しています。また、飛行時間約7時間45分と日本から最短でアクセス可能なオーストラリアの空の玄関口としても知られています。
ヴァージン・オーストラリア航空は現在、ケアンズ国際空港に毎週150便以上を運航しており、トロピカル・ノース・クイーンズランドへの訪問や、ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パースなどオーストラリアの主要都市への乗り換えに、ワンストップ接続便を提供しています。

ヴァージン・オーストラリア航空のCEOであるジェイン・ハードリカは次のように述べています。
「ケアンズと東京の羽田空港を結ぶフライトを、お客様にご提供できることを嬉しく思います。これらの代表的な都市間に毎週2,000席以上もの座席が新たに増加することは、日本への旅行意欲のあるオーストラリア国民にとって、よりお得で、選択肢が増えることになります。また、グレートバリアリーフやウィットサンデー諸島といった比類なき自然の驚異を楽しむために、より多くの日本人観光客をサンシャインステートに迎え入れることを意味します。」

羽田=ケアンズ線のスケジュール(予定

東京就航に伴い、ヴァージン・オーストラリア航空は ANA とのパートナーシップを拡大
日本・オーストラリア間のフライトアクセスをさらに強化するため、ヴァージン・オーストラリア航空は、日本の航空会社である全日本空輸株式会社(ANA)との戦略的コードシェアを拡大。さらにヴァージン・オーストラリア航空とANAは、マイレージプログラム・特典交換・上級会員ベネフィットを相互提供いたします。

2015年12月より、ANAは、ボーイング787-9型機で東京(羽田)とシドニー間を1日1便運航しており、日本国内および世界各地への接続を提供しています。また同社は、日本とオーストラリア間のフライトアクセス向上のため、ヴァージン・オーストラリア航空のネットワークへシームレスなコードシェア接続を提供しており、オーストラリアと日本両国において航空券の販売を行なっています。さらにANAでは、2023年初頭より、ヴァージン・オーストラリア航空が新規運航する東京(羽田)=ケアンズ線の航空券も販売予定です。

また本パートナーシップ拡大により、ヴァージン・オーストラリア航空のマイレージプログラム「ベロシティ (Velocity)」とANAの「ANAマイレージクラブ」の会員は、両マイレージプログラムの特典を相互利用することが可能となります。加えて、両国間のコードシェア便の利用範囲が拡大することで、日本の旅行者は、より多くの価値と選択肢を享受できるようになります。

ANAの国際提携・未来創造担当常務取締役である宮川純一郎氏は、次のように述べています。
「ANAの戦略的かつ重要なパートナーとして、ヴァージン・オーストラリア航空の東京(羽田)就航は両社のパートナーシップを強化するものであり、大変喜ばしく思います。両社がオーストラリアと日本の架け橋となり、最高レベルのカスタマーサービスを提供し、両国でユニークな顧客体験を提供するという共通の目的の下、お客様をお迎えできることを嬉しく思います」

東京(羽田=ケアンズ線の使用機材について:
ヴァージン・オーストラリア航空の東京(羽田)=ケアンズ線は、全便でボーイング737-8型機を使用予定です。当社は「2050年までに実質炭素排出量をゼロにする」という長期目標を掲げており、そのコミットメントの一環として、ボーイング737-8型機の導入は「1フライトあたりのCO2排出量を15%削減※する」というサステナビリティ成長戦略においても重要な役割を担います。
※737NG型機との比較

東京(羽田=ケアンズ線のサービスについて:
ヴァージン・オーストラリア航空は、お客様の視点に立った付加価値の高いサービス、そして競争力の高い航空運賃を提供しています。同社航空機の座席は、ビジネス、エコノミーX(足元スペースがより広いエコノミー席)、エコノミーの3クラスが利用可能。お客様一人一人の嗜好に合わせたサービス・料金体系を提供します。

●機内食
・ビジネスクラスのお客様は無料、エコノミークラスのお客様は機内メニューよりご購入いただけます。
・全クラス対象で、お茶・コーヒー・ボトル入の水1本を無料で提供。
●機内エンターテイメントの日本語プログラム
・日本の映画やテレビ番組に加え、ハリウッド作品など幅広いコンテンツを、日本語字幕付きでご覧いただけます。
●WiFi(有料、ただしマイレージプログラム「ベロシティ」のプラチナ会員およびビジネスクラスのお客様は無料)

ヴァージン・オーストラリア航空の東京(羽田)=ケアンズ線は、2023年初頭から、航空券の発売を開始します。最寄りの旅行代理店またはヴァージン・オーストラリア航空の公式サイト(以下URL)でチケットを購入いただけます。
ヴァージン・オーストラリア航空公式サイト:virginaustralia.com/japan/

ヴァージン・オーストラリア航空について:
ヴァージン・オーストラリア航空は、リチャード・ブランソン卿 (Sir Richard Branson) によって2000年に設立されたオーストラリア最大の航空会社の一つです。豊富な国内線だけでなく、短距離国際線のチャーター便や貨物便も運航し、受賞歴のあるマイレージプログラム「ベロシティ・フリクエント・フライヤー」の提供も行っています。

ヴァージン・オーストラリア航空は、1,100万人以上の「ベロシティ・フリクエント・フライヤー」会員を擁しており、会員の皆様は、ヴァージン・オーストラリアおよび数々の提携航空会社を使用し、世界500都市以上を結ぶフライトサービスでポイントの加算・交換が可能です。国際的な提携航空会社には、ANA、シンガポール航空、ユナイテッド航空、カタール航空、エティハド航空などが含まれます。

2020年11月以降、ヴァージン・オーストラリア航空は、保有するボーイング737型機を58機から92機へ、60%以上増加させることを発表しました。さらに2023年には、より燃費効率に優れたボーイング737-8型機およびボーイング737-10型機を導入予定です。

ヴァージン・オーストラリアは、過去数年に渡り、数々の賞に輝いてきました。「ベスト・キャビンクルー(Best Cabin Crew)」を5度受賞 (2017年、2019年、2020年、2021年、2022年)。AirlineRating.com 主催の「2022年エクセレント・アワード (Excellent Awards)」では、トップ10航空会社に選ばれました。また2019年の同賞では「ベスト・キャビンクルー」と合わせ「ベスト・エコノミー・クラス・キャビン (Best Economy Class Cabin)」も受賞。さらに同年、オーストラリア旅行業協会主催の「全国旅行業賞 (National Travel Industry Awards)」に輝きました。加えて同社のマイレージプログラム「ベロシティ」は、名誉ある「フレディー賞 (Freddie Awards)」 で、アジア・中東・オセアニア航空会社部門の「年間最優秀プログラム (Best Program of the Year)」、「ベスト顧客サービス (Best Customer Service)」、「ベスト償還賞 (Best Redemption Ability)」に選ばれました。
virginaustralia.com/japan/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram