リョケン、「令和4年 旅館の経営指針」発表 

  • 2022年1月27日

佐野洋一社長

22年を未来構築元年へ

 コンサルタントのリョケン(佐野洋一社長)はこのほど、「令和4年 旅館の経営指針」を発表した。「未来構築元年~変革へのかじ取り~」をテーマに、コロナ後の未来を見据え22年を未来構築元年と位置づけ、それに向けての施設方針を提言している。膨大な「指針」の中から、今回のテーマ「未来構築元年~変革へのかじ取り~」の項の一部を紹介する。

◇     ◇

 コロナ禍の宿泊業をめぐる状況を踏まえながら、22年を、未来(10年先をイメージする)を見据え、構築(枢要な部分を変革し、築き直す)していく元年と位置づけ、変革のかじ取り(バランスコントロール)についてふれていきたいと思います。背景として、

 (1)国内旅行は縮小に向かう(市場が縮小し、供給がそのまま残るなら、競争のし烈化が予想されます)

 (2)人材確保難が加速する(労働力市場も需要が供給を上回れば「価格」が上昇する、つまり賃金水準が高まります)

 (3)社会全体が高付加価値化を目指す

 (4)デジタル化がいっそう進んでいく

 (5)テクノロジーの加速で進む「破壊」「非収益化」「非物質化」(破壊…既存の商品、サービスなどの破壊、非収益化…製品などに掛かっていたコストの消失、非物質化…製品そのものの消失)

 (6)メインチャネルはネット(OTAだけでなく、市場からの情報発信、市場へのアプローチなども含む)
 を大局的に踏まえておきましょう。

 未来構築の方向性について、その根幹となるのは「高収益経営」です。昨年の指針でも同トピックについての考え方を記しましたが、本年は高い粗利益率実現のための「高料金化戦略」について、昨年とは異なる観点から3点付加します。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram