リトルジャパン、ゲストハウスに無料で泊まり、働き、地域の人と関わりながら全国を旅できるサービス「move about」を開始

  • 2018年9月4日

 Little Japanは、ゲストハウスに無料で泊まり、働き、地域の人と関わりながら全国を旅できるサービス「move about」を始める

地域創生に取組む株式会社Little Japan(本社:東京都台東区、代表取締役:柚木理雄)及びNPO芸術家の村(本社:東京都中央区、理事長:柚木理雄)は、ゲストハウスに無料で泊まり、働き、地域の人と関わりながら全国を旅できるサービス「move about」をリリースします。

「全国にあるゲストハウスを巡り、自分のできることを通じて地域と関わる」、「地域と関わることで、全国に自分の居場所が増えていく」、誰もが一度は思い描いたことのある、“暮らすように旅する” ことを実現できるサービスそれが move about です。

日本各地のゲストハウスと共に、旅をしたい人が、旅をしやすい環境をづくりを、暮らすように旅することを実現できる環境をつくります。

地域創生に取組む株式会社Little Japan(本社:東京都台東区、代表取締役:柚木理雄)及びNPO芸術家の村(本社:東京都中央区、理事長:柚木理雄)は、ゲストハウスに無料で泊まり、働き、地域の人と関わりながら全国を旅できるサービス「move about」をリリースします。

「全国にあるゲストハウスを巡り、自分のできることを通じて地域と関わる」、「地域と関わることで、全国に自分の居場所が増えていく」、誰もが一度は思い描いたことのある、“暮らすように旅する” ことを実現できるサービスそれが move about です。

日本各地のゲストハウスと共に、旅をしたい人が、旅をしやすい環境をづくりを、暮らすように旅することを実現できる環境をつくります。

CMのロケ地として注目度UP、小江戸・佐原のゲストハウスCMのロケ地として注目度UP、小江戸・佐原のゲストハウス

■ move about のサービス概要
move aboutは、宿で自分のできるお仕事をすることで、無料で宿を提供してもらいながら全国を旅することができるサービスです。

期間は最短1日からのため、いわゆるリゾートバイト等と異なり、様々な地域を訪れることができます。
また、地域のゲストハウスは、地位への入り口です。
地域の方や旅行者が集まるコミュニティスペースになっています。

ただ、観光地をめぐるだけでなく、地域の方と関わるより深い体験をすることができます。

しまなみ海道でいちばん島時間を感じられる離島のゲストハウスしまなみ海道でいちばん島時間を感じられる離島のゲストハウス

■ move about ができるまで
東京にいると、以前にも増して地域に興味がある、行ってみたいという方に出会うことが増えているように感じます。以前であれば、それが「世界1周に行きたい」「海外に行きたい」が中心だったところが「地域に行きたい」という方が、増えているように思います。でも、もちろんコストはかかるし “ただ旅をするだけ” では、その地域の人とのつながりもできません。

そんな中、昨年の2月にゲストハウスサミットが開催され、多くの地域のゲストハウスオーナーたちと話ができる機会がありました。「自分のところにも来てみてもらいたい」、ただ、仕事となると、業務を覚えてもらったらいなくなるのではなく、長い期間働いてもらいたい というのが、経営する側の本音になります。

一方で、地域に行きたいという方の中には、特定の場所に決めている方もいるものの、多くの人が「いろいろなところを見てみたい」と思っているように感じており、長期ではハードルが高いように思います。短期間でも受け入れはできないか、、、お互いにとってありがたいと思える関係はできないか? そんな中で生まれたのが、この「move about」です。

北海道 Waya Guest House & World Liveing Roomは「世界への玄関」北海道 Waya Guest House & World Liveing Roomは「世界への玄関」

ゲストハウスを日々営んでいると、多くの旅行者から、何か仕事をするから無料で泊めてくれないかとご連絡をいただく機会があります。いわゆるリゾートバイトのようなかたちで、がっつりと働いてもらうのであればそれは嬉しいことです。でも多くの場合は、もっと短期間の滞在で、他のところにも旅をしたい、もっと短時間で、地域との関わりを持つ時間がほしいという声です。

ただ、これは、お互いにとってありがたい場合も、そうでない場合もあります。しかし、どんなかたちだったらありがたいのか、ここを明確にすれば、お互いが Win-Win の関係でマッチをするはずです。

そして、これが地域で実現すれば、地域に行きたい方は低いコストで、日本を巡る旅に出ることができ、地域にとっては担い手不足解決の一助にもなります。さらにそこで地域の人との交流が生まれ、もしかすると、そこから移住をしたり、通ったり、長く住んだりする人も出てくるかもしれません。

このサービスで、たくさんの方が日本をめぐり、その地域の方と関わり、仕事をしながら旅をする生活を楽しむことができればなと、そんな風に考えています。

ものづくりの町・愛知県瀬戸市の日常を体験するゲストハウス「ますきち」ものづくりの町・愛知県瀬戸市の日常を体験するゲストハウス「ますきち」

■ ゲストハウスサミット Vol.01 -私たちからの再提案- (2018.03.02 in 広島)
こちらのムービーは、今年3月に広島の「ゲストハウス -EN- 」で開催されたゲストハウスサミットの様子をまとめたものです。ぜひご覧になってみてください。

第2回ゲストハウスサミットは、来年2019年2月に、全国のゲストハウスが集まり開催をする予定です。
http://guesthouse-summit.com/

 

関連する記事

海外現地ツアーD2C事業のタビナカは12日、エンジェル投資家を中心に累計3億を資金調達したと発表した。 海外現地ツアーD2C事業「タビナカ」を運営する株式会社タビナカ(本…

続きを読む

満足度向上のカギに~ CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. パワー(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は、2018年北米空港…

続きを読む

ワタベウェディングは12日、ハワイ旅専門ポータルサイト「Hawaii Lovers」を刷新した。 ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube