ラオックス、訪日旅行客ガイドアプリの開発を開始

  • 2019年1月14日

 ラオックスは9日、訪日旅行客ガイドアプリの開発を開始したと発表した。

ラオックス株式会社は、訪日旅行者向けのメニュー翻訳やウェブサイト上での順番待ち管理、さらにQRコード決済やインバウンド集客までワンストップで行うことが可能になる、飲食店ガイドアプリによる新サービスの開発をスタートいたしました。当サービスは今春以降の開始を目指しております。

 

サービスの名称は、「TTDレストランシステム」で、TTDは“Things To Do”、旅行において必ず訪れるべき、やるべき、食べるべきことという意味の頭文字から取っております。旅行業界においては、TTDの略称で表現することも多く、訪日旅行客が日本観光を楽しむためのTTDをサポートするサービスを提供いたします。

当該システムサービスのコンセプトとしては、飲食店向けサービスを皮切りに、ユーザー向けにアプリやウェブサイトを開設し、交通チケットの購入など旅行中に必要な情報を提供するだけでなく、レストランの予約からエンターテイメントのチケット購入といったアクションまで結びつけるサービスを目指しております。加盟する飲食店向けには、インバウンド集客だけではなく、中国では一般的なお客様のスマートフォンを使ったセルフオーダーシステムや、ウェブサイト上で順番待ちを管理するシステムなどを提供し、訪日旅行客との言語の障壁における両者の不便を緩和するだけでなく、飲食店側の日々の業務の効率化と集客力アップをサポートいたします。

 

システムの企画から開発まで、当社子会社である上海弘楽国際旅行有限公司が行い、日本の飲食店のニーズを汲み取った上で、随時バージョンアップを目指してまいります。昨今、重要視されているネットの即予約への対応や、売上管理をスムーズにするため、飲食店向けのサービスを展開する事業者と連携し、オープンプラットフォームによる「Total Win」の実現を目指し、訪日旅行客の方と加盟する飲食店双方の利便性を向上させていきたいと考えております。

 

■TTDレストランシステム

 

・順番待ち管理システム

番号を発行しウェブサイト上で順番待ちの管理を行います。遠隔からの順番取得も可能。外国人だけでなく、日本人のお客様にも使っていただけるシステム。

 

・セルフオーダーシステム

メニュー翻訳からプロモーションページの制作までお手伝いいたします。

お客様のスマートフォンからオーダーが可能なので、専用端末は不要。

 

・訪日旅行者向け予約システム

訪日旅行者のユーザーは、アプリ等から直接予約が可能。

加盟する飲食店は、システム上で予約を管理することが可能。

No Show対策のため、事前決済やデポジット取得の機能あり。

 

・QRコード決済システム

QRコードでの決済をサポート。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram