メズム東京、オリジナルデザイン「デジタルテディベア」発売

  • 2021年2月8日

 メズム東京は8日、オリジナルデザインの「デジタルテディベア」を発売した。

 JR東日本グループの日本ホテル株式会社と世界最大のホテルチェーン、米マリオット・インターナショナルとの初提携ホテルで、東京の“今”の躍動感や波長と共鳴し、五感を魅了する数々のこだわりでお客さまをお迎えする『メズム東京、オートグラフ コレクション』(運営:日本ホテル㈱代表取締役社長 里見雅行/総支配人 生沼久)は、「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトを基に誕生したMEDICOM TOY社のベアブリック(BE@RBRICK)と初コラボレーションした、当ホテルオリジナルデザインの『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』の販売を2021年2月8日(月)より開始いたします。

 『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』は、当ホテルのクリエイティブディレクター小泉堅太郎によるオリジナルデザインで、メズム東京のブランドカラーであるミッドナイトブルーの波模様とホテルロゴをあしらった100%サイズ(高さ約70mm)と、一部客室のウェルカムアートとしても採用されている400%サイズ(高さ約280mm)の2タイプでの展開となります。400%サイズは特別に、光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」を使ったデザインの着ぐるみを着用しており、フラッシュ撮影をするとホテルのコンセプトである“TOKYO WAVES”を表現した絵柄が浮き上がる、遊び心あるデザインとなっています。なお、「NINJAINK®」を採用したベアブリックとしては『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』が世界初となります。

「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影前)「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影前)

「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影後)「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影後)

  • 商品概要 <『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』 100%サイズ / 400%サイズ>

【価格】
100%サイズ:¥ 3,960(税込)…お1人様あたり1体限定販売
400%サイズ:¥49,500(税込)…宿泊者限定:1室あたり1体限定販売
【サイズ】
100%サイズ:高さ約70mm / 400%サイズ:高さ約280mm
【発売日】
2021年2月8日(月)…売り切れ次第販売終了。
【購入方法】
メズム東京16Fフロントにて限定数販売。
※100%サイズは4月以降、ホテル公式ECサイトでも販売予定。
【デザイナー】
メズム東京 クリエイティブディレクター 小泉堅太郎(こいずみけんたろう)

『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』100%サイズおよび、着脱可能な着ぐるみを脱いだ状態の400%サイズのデザインイメージ『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』100%サイズおよび、着脱可能な着ぐるみを脱いだ状態の400%サイズのデザインイメージ

  • デザイン詳細 <『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』 400%サイズ>

高さ約280mm の400%サイズの『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』は、忍者のように姿を隠し、フラッシュ撮影をすると光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」(㈱ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスと㈱小松プロセスが企画開発した再帰反射性カラーインク)を採用した着脱可能な着ぐるみ仕様です。スマートフォンなどでフラッシュ撮影をすると、縁起物として親しまれている「だるま」の顔と、ホテルコンセプトを和風にあしらった絵柄が浮かび上がり、遊び心とインタラクティブな演出が魅力のデザインとなっています。また、お客さまをお迎えするウェルカムアートとして、アートスペースを擁する約200室のゲストルームにも設置しており、お客さまの快適で安全なホテル滞在を祈願しています。『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザイン詳細は下記をご覧ください。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram