マレーシアで商談会 日本旅行協定旅館ホテル連盟「インバウンド誘致の有望国」

  • 2018年8月14日

クアラルンプールでの商談会

 日本旅行協定旅館ホテル連盟(日旅連)は7月26、27日、マレーシアの2都市で現地の旅行会社との商談会を行った。インバウンド誘致の有望国として、日本旅行の提案を受けて昨年試験的に実施。成果が得られたことから、今年は日旅連全会員を対象に規模を拡大して行った。会員25施設が参加した。

 日旅連営業推進委員会(小林秀顕代表委員=長崎県・稲佐山観光ホテル)のインバウンド部会(山本剛史部会長=群馬県・喜びの宿高松)が主催。日本旅行グループで、マレーシアの旅行会社サンライズツアーズが運営に全面協力した。

 26日は首都クアラルンプールで、日旅連施設と現地の旅行会社26社、45人が参加。日本側からの情報提供や、マンツーマンでの商談を行った。

 27日はペナンで日旅連からインバウンド部会を中心に7施設、現地から13社、22人が参加して、同様の商談を行った。

 「クアラルンプールでは、料金、アクセス、地域事情など、日本の情報が既に行き渡り、団体型、個人型ともかなり具体的な商談を行うことができた。ペナンはまだ団体型が多いが、今後は日本旅行と連動した誘致が期待できる」と連盟事務局。


クアラルンプールでの商談会

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram