ホテル・旅館21年度の倒産、前年比48%減少 各種支援で抑制

  • 2022年5月15日

返済本格化で先行き懸念

 帝国データバンクがこのほど公表した2021年度(2021年4月~2022年3月)のホテル・旅館経営業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は前年比47.9%減の61件と、この10年で最も少なかった。コロナ禍での国や自治体による資金繰り支援などが中小零細企業の倒産を抑制していると見られるが、今後はこれら融資の返済が本格化する見通し。原材料価格高騰など、経営を圧迫する他の材料もあり、倒産や休廃業の増加につながらないか、先行きが懸念される。

 21年度の倒産件数を月別に見ると、10件以上の2桁がなかった。最も多かったのが8月の9件。

 一方、同年度の負債総額は前年比57.5%増の1294億9700万円と、この10年で最も多かった。5月に元・ホテル、レジャー施設運営の東京商事(東京都)が負債1004億8300万円で特別清算となり、全体を押し上げた。

 21年度の倒産件数の全業種計は5916件と、前年度を19.1%下回るとともに、1965年以来、56年ぶりに6千件を下回った(1999年以前は任意整理を含む倒産件数)。負債総額も1兆1828億7100万円と、前年を2.8%下回るとともに、4年連続で減少した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram