ホテル・旅館の収入高、過去10年で最高に

  • 2018年5月14日

年商規模で「二極化」

 
 帝国データバンクによると、2016年度のホテル・旅館経営業者(7915社)の収入高合計は前年度比2・1%増の4兆9012億2500万円と、過去10年で最高を記録した。ただ、年商規模別で見ると、増収の構成比が「100億円以上」で62・1%、「1億円未満」で14・6%と、「年商規模による二極化が鮮明となった」(同社)。

 ホテル・旅館経営を主業とする企業7915社を同社が抽出して調べた。

 2007年度からの推移を見ると、同年度(4兆1138億9千万円、前年度比4・1%増)以降2011年度まで減少傾向が続いていたものの、翌2012年度(4兆531億5800万円、同6・0%増)以降は5年連続で増加が続いている。

 2016年度の収入高傾向を年商規模別で見ると、規模が大きくなるほど増収の比率が高くなっている。「100億円以上」が62・1%、「50億~100億円未満」が58・1%、「10億~50億円未満」が49・1%。ただ、「1億円未満」が14・6%、「1億~10億円未満」が29・4%と3割未満にとどまり、二極分化の傾向にある。

 全国11の地域別では、東京都、大阪府の大都市圏がある南関東、近畿と北海道、四国で増収の構成比が減収の構成比を大きく上回った。特にインバウンド消費の伸びが高い近畿で増収が33・1%と、11地域中最高になった。北陸は新幹線開業効果の反動減などがあり、減収の構成比が32・3%と11地域中最高だった。

 業歴別では、「10年未満」で増収、「100年以上」で減収の構成比が最も高く、それぞれ38・2%、27・5%だった。「業歴が長くなるにつれ事業を多角化するケースもあり、催事事業や飲食事業など、宿泊事業以外の分野の業績が落ち込んだ企業での減収が目立つ」(同社)。

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、全国中小企業動向調査の2018年10~12月期分を公表した。小企業の業況判断DIは前期(18年7~9月期)比6.3ポイント増のマイナス19.3…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、「人手不足倒産」の動向調査を行った。昨年1年間(2018年1~12月)の人手不足倒産(従業員の離職や採用難により収益が悪化したことなどを要因と…

続きを読む

昭文社の「MAPPLEアクティビティ」は12日、「dポイント」サービスと提携したと発表した。 株式会社昭文社は、株式会社NTTドコモが提供する「dポイント」サービスと、現…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube