ホテル・マネジメント技能検定、初の1級技能士に4人

  • 2021年3月14日

日本宿泊産業マネジメント技能協会はこのほど、第3回ホテル・マネジメント技能検定試験の合否判定の結果、上級運営管理者レベルの1級で4人、業務管理者レベルの2級で11人、作業監督者レベルの3級で196人の資格者が誕生したと発表した。2018年度に始まったホテル・マネジメント技能検定で1級技能士が誕生したのは今回が初めて。

ホテル・マネジメント技能は、国の技能検定制度に基づく資格で、同協会が指定機関として試験を実施している。サービスの技術ではなく、ホテルのマネジメントの基本能力を評価する。1級の試験を実施したのは19年度の第2回から。

資格取得には、各級の学科試験と実技試験の両方に合格する必要がある。両方の試験に一度に合格しなくても、合格した方の試験は次回以降、一定期間に限って免除になる制度もある。

第3回の1~3級合計の受験者数は、昨年9月に実施した学科試験が361人、昨年12月の実技試験が264人。学科試験、実技試験の判定結果を合わせた合格率(学科または実技試験が第3回試験で免除になった者を含めて算出)は、1級が33.3%、2級が39.3%、3級が58.7%。

21年度に行われる第4回試験の日程案は、学科試験の受験申請期間が5月21日~6月30日、試験日が9月12日の予定。実技試験の受験申請期間が9月17日~10月29日、試験日が12月5日の予定。

受験の詳細は、同協会のホームページ(https://www.hotel-management.or.jp/kentei/)で発表される。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram