ヘルパーが伊勢神宮参拝者をサポート 

  • 2022年12月4日

車いす利用者を引いて案内するヘルパー

 伊勢おもてなしヘルパーは11~13日、「伊勢おもてなしヘルパーDAY」を三重県伊勢市の伊勢神宮・内宮で実施した。砂利の参道や正宮手前の25段の石段を介助し、参拝をサポート。伊勢市におけるバリアフリー観光を推進する。

 同組織は2015年に、着地型バリアフリー観光案内などを行う伊勢志摩バリアフリーツアーセンターや伊勢市、伊勢商工会議所、伊勢市観光協会、伊勢おはらい町会議、皇學館大學の六つの団体が連携して始動。障害者、高齢者の観光客が、伊勢神宮をいつでも安心して参拝できるように、有償ボランティア活動をしている。

 今回のイベントは、観光庁の「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」の一環。伊勢おもてなしヘルパーDAYでは、事前に研修を受けた新規ヘルパーの研修を兼ねて、車いすを使用するモニター参加者(計14組)の参拝のサポートが行われた。イベントは全初日には伊勢市の鈴木健一市長が訪れ、ヘルパーを激励した。

 伊勢おもてなしヘルパーの野口あゆみ事務局長は、「25年の大阪・関西万博開催時には、会場から近畿日本鉄道(近鉄)を利用して伊勢に来てほしい。33年には式年遷宮も行われる。誰もが訪れられるお伊勢さんにしたい」と思いを語る。今回の事業を通じて2期生30人の申し込みがあり、ヘルパーは計80人になった。

 事業を支援するユニバーサルツーリズムアドバイザーの渕山知弘氏は、「全国の観光地で伊勢のような取り組みをする高齢者・障害者旅行相談窓口はすでに50団体以上存在する。地域の取り組みと観光事業者との連携がユニバーサルツーリズムの推進を加速する」と話す。


車いす利用者を引いて案内するヘルパー

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram