プリンセスクルーズ、2019年日本発着クルーズのパンフレット第2弾を発表

  • 2018年12月6日

 プリンセスクルーズは、2019年日本発着クルーズのパンフレット第2弾を発表した。

        2019年は日本発着クルーズ就航以来、過去最長のシーズンでの運航を実施

プリンセス・クルーズは、新キャンペーンを紹介した2019年日本発着クルーズのパンフレット第2弾を発表しました。2019年の3月26日発から7月27日発のコースでは、内側客室が最大33%値下げとなるキャンペーン価格が登場します。

また、8月4日発から12月15日発、2020年1月20日発から3月9日発のコースでは、最大2万円の割引となる早期予約割引特典のほか、ジュニア・スイート、プレミアム・ジュニア・スイート、スイートをご利用の方で3~4人目のクルーズ代金が無料になる「3~4人目無料キャンペーン」を実施します。これらの早期割引キャンペーンは、すべて2019年3月31日までにお申し込みの新規予約が対象となります。

2019年日本発着クルーズは、3月から2020年3月まで、ほぼ通年運航を実施し、全26コース41出発日の過去最長の運航シーズンとなります。初寄港地の高松、松山、宮古島(沖縄)、蒲郡、新潟、姫路、宮古(岩手)、和歌山下津を含む、計7カ国40港を訪れます。(チャータークルーズを除く)

日本発着クルーズのパンフレット第2弾の発表について、プリンセス・クルーズ ジャパンオフィスである株式会社カーニバル・ジャパン代表取締役社長 堀川悟は次のように述べています。

「2013年に就航を開始した日本発着クルーズは皆様のご支持をいただき、毎年シーズンを延長することで供給量を増やしてきました。7年目を迎える2019年は、過去最長のシーズンで運航を実施することになり、日本の四季折々の魅力を盛り込んだ、よりバラエティ豊かなクルーズが実現します。来年は、これまで人気の夏祭りを巡るクルーズや熊野の花火を船上で楽しむクルーズに加え、新たに、別府や鹿児島など、人気の名湯地を巡る5月6日神戸発『新緑の九州 名湯の地めぐりと韓国 6日間』、日本の景勝地を訪れる9月9日横浜発『日本三景の地めぐりと函館・韓国 10日間』など、新たなコースを設定しています。さらに、2018年度、好評だった国内3都市から発着するクルーズは、横浜、名古屋、神戸を発着地に設定し、2月以降運航します。今回発表した2019年日本発着クルーズ パンフレット第2弾では、お客様にクルーズをさらに身近にお楽しみいただけるよう、お得なキャンペーンを数多くご用意しました。ぜひこの機会にプリンセス・クルーズのプレミアムなクルーズバケーションをご体験ください」。

今回新しく適用される以下の新キャンペーンは、いずれも新規予約が対象となります。

2019326日発~727日発クルーズ
15%~33内側客室クルーズ代金値下げ】
2019年3月26日から7月27日発の横浜・神戸発着コースの内側客室を5%~33%値下げ。
*対象クルーズ:M910~M928

2019 年8月4日発~1215日発、2020年1月20日発~3月9日発クルーズ
1)【早期予約割引特典】
2019年3月31日までにご予約のお客様には、海側以上の客室カテゴリー対し、クルーズ期間、客室カテゴリーに応じて、最大2万円の早期予約割引を適用。

2【3~4人目無料キャンペーン】
2019年3月31日までに、ジュニア・スイート、プレミアム・ジュニア・スイート、スイート客室をご予約のお客様は、3~4人目のクルーズ代金が無料になる「3~4人目無料キャンペーン」を実施。

またこれまでにプリンセス・クルーズに乗船されたことのあるお客様には、リピーター特典をご用意しています。【キャプテンズ・サークル・メンバー(リピーター)】としてクルーズ代金の割引やメンバー限定イベントへのご招待などの特典があり、前述のキャンペーンとの併用が可能です。

プリンセス・クルーズの2019年日本発着クルーズ パンフレット第2弾の詳細は、下記よりご覧いただけます。
https://www.princesscruises.jp/pdf/jhp2019.pdf

関連する記事

中国最大手OTAのシートリップは10日、同社が運営する旅行サイトTrip.comで発生し、社会問題化している「架空宿泊在庫販売問題」について、新たな声明を発表した。 声…

続きを読む

日本全国の楽天トラベル登録施設が自慢の朝ごはんを競い合う料理コンテスト「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル2018」の決勝大会(ファイナルステージ)が11月28日、東京都…

続きを読む

デルタ航空は6日、国際線「デルタ・ワン」に機内食の事前予約プログラムを導入した。 デルタ航空(NYSE:DAL)は、一部路線で機内食の事前予約プログラムを導入していますが…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube