プラットフォーム構築で議論 農水省、22年度「農泊推進研究会」始動

  • 2022年6月17日

研究会の様子

 農林水産省は3日、農泊を通じた交流人口の拡大や地域の収益力強化を考える「多様な地域資源のさらなる活用に関する農泊推進研究会(2022年度、第1回)」を開催した。観光関連の有識者が参加し、農泊プラットフォームの構築についてなどを議論。武部新農林水産副大臣は「外国人来訪者数増や、Go Toトラベル再開の議論が進むなど、農泊への明るい兆しが出ている」と、今後への反転攻勢に期待した。

 同研究会は、農泊における農山漁村の多様な地域資源(食文化、景観、古民家など)の有効活用などについて検討するもの。昨年7月から設置され、昨年度は3回開催。21年度までに創出された599の農泊地域への利用者拡大と地域活性化を進めるため、コンテンツの充実、利便性の向上・情報発信、農泊推進体制の強化などが話し合われた。今年度は3回開催される予定。

 研究会には、日本ファームステイ協会や全国旅行業協会(ANTA)など団体、百戦錬磨、クラブツーリズムなど企業、DMO、大学などから選ばれた委員が参加するほか、農泊推進に携わる関連省庁として観光庁、環境省、文化庁の3省庁がオブザーバーとして参加している。

 今回の研究会では、今年度の進め方や、農泊の情報プラットフォームの機能充実や、情報基盤整備の構築に向けた取り組みなどを議論した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram