フィンランド政府観光局、「サンナ・マリン首相がすすめするフィンランドでの夏休みの過ごし方5選」紹介

  • 2022年7月11日

フィンランドのサンナ・マリン首相

 フィンランド政府観光局は5日、「サンナ・マリン首相がすすめするフィンランドでの夏休みの過ごし方5選」を発表した。

(クレジット:Visit Finland、Jukka-Pekka Flander)(クレジット:Visit Finland、Jukka-Pekka Flander)

Visit Finland(フィンランド政府観光局)は、5年連続で「世界で最も幸福な国」に選ばれたフィンランドのサンナ・マリン首相がおすすめする、豊かな自然にあふれ、北欧の幸福感を感じることができる5つの夏の過ごし方をご紹介します。国土の75%を森林が占めており、80,000以上の島々で構成される世界最大の群島地域があるフィンランドでは、国立公園でリラックスすることや島巡りなど、様々な過ごし方があります。また、夏の間は太陽がほとんど沈まず、国の大部分がほぼ24時間光に包まれ、幻想的な白夜を体験することができます。

サンナ・マリン首相(36)がおすすめするフィンランドでの過ごし方は、家族や友人とフィンランドの美しい自然を満喫できる森林や群島でアウトドアを楽しむことです。この夏、フィンランドの首都ヘルシンキと、サンナ・マリン首相の出身地である湖水地方で、世界一幸せな国を体験できる場所は次のとおりです。

  • ロンナ島 (Lonna Island)
  • スオメンリンナ島 (Suomenlinna Island)
  • ウーニサーリ島 (Uunisaari Island)
  • セイテセミネン国立公園 (Seitseminen National Park)
  • ヘルヴェティンヤルヴィ国立公園(Helvetinjärvi National Park)

*サンナ・マリン首相がおすすめする5つの場所について、Visit Finlandがご紹介します。

■サウナの島:ロンナ島

(クレジット:Visit Finland、Julia Kivelä、Jussi Hellstén)(クレジット:Visit Finland、Julia Kivelä、Jussi Hellstén)

サンナ・マリン首相が現在住んでいる首都ヘルシンキには、海岸線に美しい島々が点在しています。首相のお気に入りの一つが、中央のマーケット広場からフェリーで10分のところに位置する、小さくてインスタ映えするロンナ島です。ロンナ島の木造サウナでは、フィンランドの伝統的なスチームバスを体験した後、バルト海に浸かってリフレッシュすることができます。

■歴史を感じる島:スオメンリンナ島

(クレジット:Visit Finland、Emilia Hoisko、Julia Kivelä)(クレジット:Visit Finland、Emilia Hoisko、Julia Kivelä)

ユネスコの世界遺産に登録されているスオメンリンナ島は、スウェーデン、ロシア、フィンランドと数多くの国を守った、8つの島からなる要塞の島です。マーケット広場からフェリーでわずか20分の距離にあり、6キロメートルに及ぶ要塞壁や博物館のほか、カフェやレストラン、250年以上の歴史を持つビール工場があります。また、海水浴やピクニックに適した居心地のよいビーチもあり、あらゆる年齢の子供が歴史に触れながら楽しむことができます。

■太陽に照らされた小さな島々:ウーニサーリ島

(クレジット:Visit Finland、Kari Ylitalo、Mikko Huotari)(クレジット:Visit Finland、Kari Ylitalo、Mikko Huotari)

サンナ・マリン首相のもう一つのお気に入りの島、ウーニサーリ(英語で「オーブン島」)は、ヘルシンキの海岸から船で2分のところに位置し、人気のカイヴォプイスト公園の近くにあります。ウーニサーリ島には、子供向けの遊具があるビーチや、近くのリウスカサーリ島とつながる橋があるほか、テラスのあるカフェからは、ヘルシンキの美しい海岸線を眺めることができます。

■すべての人々の暮らしに:セイテセミネン国立公園

(クレジット:Visit Finland、Julia Kivelä、Jussi Hellstén)(クレジット:Visit Finland、Julia Kivelä、Jussi Hellstén)

サンナ・マリン首相のお気に入りの国立公園、セイテセミネン国立公園には、短いコースから緑豊かな森の中を歩く日帰りハイキングコース、沼地を覆う木製の歩道など、様々なコースが用意されています。また、国立公園の一部は、車いすやベビーカーでもアクセスすることができます。敷地内のネイチャーセンターでは、動植物などに関する情報を提供しているほか、カフェレストランではボリュームたっぷりのスイーツが味わえます。

■古代の森:ヘルヴェティンヤルヴィ(Helvetinjärvi)国立公園

(クレジット:Visit Finland、Tea Karvinen・Visit Tampere、Tea Karvinen)(クレジット:Visit Finland、Tea Karvinen・Visit Tampere、Tea Karvinen)

フィンランド語で「地獄の湖」を意味するヘルヴェティンヤルヴィは、何世紀も前から存在するフィンランドにある41の国立公園のひとつです。この人里離れた大自然の中でベリー摘みやキノコ狩り、そして海岸での魚釣りができるのは「エブリマンズ・ライト(自然享受権)」というコンセプトがあるためです。この権利によって、フィンランドに住む人、またはフィンランドを訪れる人なら誰でも食料を調達したり、釣りをしたり、適切な範囲で自然を楽しむ自由が認められているのです。画家のアクセリ・ガッレン・カッレラや詩人のJ.L.ルネベリなど、多くの有名な芸術家や作家がこの国立公園の壮大な景色にインスピレーションを得ています。公園はあらゆる年齢層の人が楽しめるようになっていますが、標高差があるため、難易度が高いコースもあります。

*前述の5カ所は、フィンランドのサンナ・マリン首相のおすすめの場所ですが、場所の説明はフィンランド政府観光庁によるものです。

Visit Finland (フィンランド政府観光局)について
旅行先としてのフィンランドブランドを発展させ、海外旅行者にフィンランドをプロモーションし、旅行業界の企業のグローバル化を支援しています。旅行先や地域、旅行産業ビジネス、その他の輸出関連企業および大使館と協力しています。Visit FinlandはBusiness Finlandのグループ機関です。https://www.visitfinland.com/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram