ヒルトン 、「F&Bマスターズ」日本・韓国予選大会を実施

  • 2019年1月21日

 ヒルトンは17日。 「F&Bマスターズ」日本・韓国予選大会を実施したと発表した。80名が決勝大会へ進出する。

ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区(所在地:東京都新宿区、運営最高責任者:ティモシー・ソーパー)では、ヒルトン「F&Bマスターズ」 日本・韓国予選大会を実施し、予選を勝ち抜いた総勢80名のマスターズ(=達人たち)が2019年1月30日(水)・31日(木)にヒルトン大阪とコンラッド大阪で開催される決勝大会に出場します。

2014年からアジア太平洋地域でスタートした「F&Bマスターズ」は、新たな才能の発掘と人材育成を目的とし、所属部署を問わず全チームメンバー(総料理長、料理長、ペイストリーシェフなど一部を除く)を対象とした料理・飲料の知識、技術と創造性を競う大会です。日本・韓国・ミクロネシア地区では2015年から開催しており、本年度で4回目となり、2018年11月より日本、韓国(コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトンの3ブランド16ホテル)の各地でホテル別予選が開催されました。本年度の大会は、菓子(WILLY WONKA Dessert Challenge)・料理(Culinary Challenge)・バリスタ(Barista Challenge)・ソムリエ(Wine Enthusiast Challenge)・バー(Mixologist Challenge)の5部門に加え、インスタグラム投稿を想定し料理や飲み物を撮影するフォト部門(Photo Challenge)が加わり合計6部門で競技を実施、予選を勝ち抜いた80名のマスターズが、優勝を目指し決勝大会で競い合います。各部門の審査は、ジャーナリスト、料理、菓子、ワイン等各界の専門家達が審査項目に沿った厳正なる審査を行い、優勝者には、各部門で更に知識と経験を得るための海外での料飲体験(ワイナリーやレストラン訪問など)が贈呈されます。

さらに、今年5月31日に創業100周年を迎えるヒルトンは、「F&Bマスターズ」決勝大会の優勝者のメニューを「100周年記念メニュー」として、一部提供する予定です。

ヒルトンの企業責任戦略の一環として、環境に対する影響を2030年までに半減するという目標を掲げており、「F&Bマスターズ」においては、サステナブルな食材を使用するよう努めるとともに、プラスチック製品の使用削減を推奨しています。また、決勝大会では「環境保全と両立するビジネス」をテーマに WWF ジャパンによるワークショップを参加者向けに行います。

<ヒルトン「F&Bマスターズ」日本・韓国決勝大会開催詳細>

■決勝大会参加ホテル:16(日本14 / 韓国2)

ヒルトン東京/ヒルトン東京ベイ/ヒルトン東京お台場/コンラッド東京/ヒルトン小田原リゾート&スパ/ヒルトンニセコビレッジ/ヒルトン名古屋/ヒルトン大阪/コンラッド大阪/ヒルトン福岡シーホーク/ヒルトン沖縄北谷リゾート/ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート/ダブルツリーbyヒルトン那覇/ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城/コンラッドソウル/ヒルトン釜山

■日時: 2018年1月30日(水)・31日(木)
■場所: ヒルトン大阪・コンラッド大阪
■6部門競技会:
菓子部門(WILLY WONKA Dessert Challenge):調理~審査/参加人数:14名
料理部門(Culinary Challenge):調理~審査/参加人数:14名
バリスタ部門(Barista Challenge):筆記試験~実技(3種類のコーヒー提供)/参加人数:13名
ソムリエ部門(Wine Enthusiast Challenge):筆記試験~実技(ペアリング等)/参加人数:13名
バー部門(Mixologist Challenge):筆記試験~実技(2種類のカクテル提供)/参加人数:14名
フォト部門(Photo Challenge):インスタグラムを利用/参加人数:12名

###

■ヒルトンについて
ヒルトンは、世界109ヵ国に5,500軒以上(約895,000室)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、「the 2018 world’s best workplaces list(2018年度世界で働きがいのある会社)」のひとつとして選ばれています。ヒルトンはこれまで約100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。

現在、15のグローバル・ブランド・ポートフォリオ(ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キャノピーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、ダブルツリーbyヒルトン、タペストリー・コレクションbyヒルトン、エンバシー・スイーツbyヒルトン、モットーbyヒルトン、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトンbyヒルトン、トゥルーbyヒルトン、ホームウッド・スイーツbyヒルトン、ホーム2 スイーツbyヒルトンおよびLXRホテルズ&リゾーツ)を展開しています。(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・16軒のホテルを展開)また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は約8,200万人を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、支払いの一部にポイントを使えたり、会員限定割引、無料Wi-Fiなどをご利用いただけます。

関連する記事

ホテルグランヴィア京都は、「街歩きの達人梅林秀行さんと辿る“土地の記憶”」宿泊プランの第3弾「京都・伏見稲荷大社編」を3月1日に発売する。 株式会社ジェイアール西日本ホ…

続きを読む

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、新レジャーアクティビティ「サンゴ保護活動プラン」を4月1日に発売する。 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート …

続きを読む

ワールドリゾートオペレーションは、公式サイト「宿LABO」をリニューアルした。 リゾートホテル・旅館の問題解決のプロフェッショナル集団「株式会社ワールドリゾートオペレーシ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube