ハラル・ジャパン協会、ムスリム&ベジタリアン向けのノーミート・ノーアルコール推奨マーク発表

  • 2019年5月6日

 ハラル・ジャパン協会は、ムスリム&ベジタリアン向けのノーミート・ノーアルコール推奨マークを発表した。

4月17日、ハラルビジネスマーケティング支援の一般社団法人ハラル・ジャパン協会(本部:東京都豊島区 代表:佐久間朋宏)はインバウンド用にピクトグラムと多言語表示をミックスしたムスリム&ベジタリアン向け推奨マークを東京ビックサイトで開催されたプレミアムフードショー2019(http://premiumfoodshow.jp/hmf/)で発表した。
推奨マークは、ハラル・ジャパン協会が監修した商品やメニューに使用することが出来ます。種類は全部で3種類(ノーポーク・ノーアルコール、ノーミート・ノーアルコール、ノーアニマル)あり、社員研修や製品確認を行った商品・メニュー対して協会がマークを発行いたします。
ハラル・ジャパン協会の一般会員は基本無料でマークを使用することが可能です。非会員に対しても低額で提供いたします。このマークはムスリム(イスラム教徒)だけではなく、ベジタリアン(完全ヴィーガンではない)にも対応できるのがメリットで、最低限のルールを表記することで製造者も購入者も納得して購入または食べて頂けるインバウンド事業者にはやさしい初歩の対応としてお勧めいたします。あわせて担当者には基礎研修も行う為、製造現場だけでなく、接客や販売、お客様対応の研修にもなり、外国人対応の基礎も学べます。
年間100社程度の導入を初年度見込み、3年で500社導入を目標といたします。 

 

関連する記事

電通は8日、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」を始動すると発表した。 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本敏博)は、日本の伝統文化の…

続きを読む

日本政府観光局(JNTO)は10月30日、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイを拠点に中東地域に幅広い路線を持つ航空会社、エミレーツ航空と訪日旅行の促進に関する協力の覚書を…

続きを読む

世界的な旅行ガイドブック「LonelyPlanet」(ロンリープラネット)がこのほど発表した2020年に訪れるべき世界の旅行先のランキング「BestinTravel…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube