ニトリ小樽芸術村、ギャラリーを全面開業 ステンドグラス常設展示

  • 2018年12月5日

似鳥会長(左から4番目)、高橋知事(同3番目)らによるテープカット

 ニトリホールディングス(HD)が北海道小樽市の歴史的建造物を活用して設置している小樽芸術村は11月22日、米国のステンドグラス作品を常設展示するギャラリーを全面オープンした。

 同芸術村の似鳥美術館1階で、米宝飾店ティファニー創立者の長男でステンドグラス作家のルイス・C・ティファニー氏の約100年前の作品32組を展示。8月から先行展示していた30組に、修復が完了した2組、実際にガラスにも触れられる作品の技法や構造を解説するパネルの展示が加わった。

 作品は、聖書の場面をテーマとしたものが中心。衣服などの質感を表すため、ガラスを立体的に変形させ、何枚も重ね合わせる技法が使われている。

 22日に同ギャラリーで行われた記念式典には、ニトリHDの似鳥昭雄会長や高橋はるみ北海道知事らが出席し、テープカットを行い全面オープンを祝った。

 似鳥会長は「小樽芸術村を設置して2年。今年は20万人を超える方に来場いただいた。感動してもらえる施設とし、北海道観光に貢献していきたい」とあいさつした。

 似鳥美術館の入館料は大人1500円、高校生700円、中学生以下は無料。開館は11月から4月末までが午前10時から午後4時。水曜日は休館。


似鳥会長(左から4番目)、高橋知事(同3番目)らによるテープカット

関連する記事

エアビーアンドビーは19日、スポーツにおけるイベント民泊の経済効果を発表した。 2019年6月19日(日本時間): Airbnb (本社:米国カリフォルニア州サンフランシ…

続きを読む

集英社と専門学校日本ホテルスクールは、ホテルの現場経験者から「あなたのホテリエ人生で印象的なエピソード」を募集する。 日本がその高い質を誇る、ホテル接客現場を描いた漫画「…

続きを読む

羽田空港「BLUE SKY」3番ゲートショップが13日に リニューアルオープンした。 株式会社JALUX(ジャルックス:代表取締役社長:込山 雅弘東証1部:コード272…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube