ナイトタイムエコノミー促進へ実証実験 パシフィコ横浜

  • 2018年9月6日

実験の舞台となった野毛地区

 訪日外国人旅行者を視野に入れた、夜中でも飲食や娯楽を健全に楽しめるナイトタイムエコノミーへの関心が高まっているが、横浜国際平和会議場会社(パシフィコ横浜)はこのほど、促進に向けた実証実験を行った。参加者、店舗からは評価の声もあり、パシフィコ横浜はプラン化の推進を検討する意向だ。

 実証実験「野毛横浜おもてなしナイト」は、国際会議をはじめとするMICE参加者向けユニークベニュー開発が目的。

 横浜市中区役所などが協力し、横浜に古くからある昭和の面影が残る野毛地区を対象に6月下旬に実施。市内企業やMICE関係者ら約180人のほか、金券クーポン「野毛手形」を取り扱う40店舗が参加した。

 参加者は飲み屋街や夜景を見ながらナイトライフを楽しむ一方、アンケート調査に協力。

 調査結果によると、参加者からは「外国人に飲み歩きという日本文化を紹介しながら、おもてなし感を演出することができる」「ホテルと会議室の往復になりがちな国際会議の参加者に、飲み歩きをお勧めできる」「野毛地区を知るいい機会になった」との声があった。また、「平日に関わらずまとまった来客があり、売り上げにつながった」という店舗も。

 一方で「手形の使い方(精算方法)が分かりにくかった」「小規模店舗のため、常連の客を大切にしながらの新規顧客の取り込みが難しく、共存させることに課題を感じた」という声もあった。

 パシフィコ横浜は実証実験の結果を踏まえ、「プラン化を推進するとともに、国際会議をはじめとした多くのMICEに活用いただき、開催を通じて地域へ貢献したい」と話している。


実験の舞台となった野毛地区

関連する記事

国の中小企業政策の実施機関、独立行政法人の中小企業基盤整備機構(中小機構)関東本部は12月11、12日、「外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド商談会」を東京都千代田区の…

続きを読む

観光庁の「訪日外国人消費動向調査」の結果、2018年4~6月期の訪日外国人の旅行消費額(2次速報値)は、1兆1333億円となった。調査方法の変更で昨年の実績と単純比較でき…

続きを読む

ジョルダンは 訪日外国人旅行者向けに二次交通を利用した 旅程作成サービスの提供を始めた。 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和)は、訪日外国…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube