デルタ航空、8月の輸送実績を発表

  • 2018年9月12日

 デルタ航空は、18年8月の輸送実績を発表した。

デルタ航空(NYSE:DAL)は7日、2018年8月の輸送実績を発表しました。
8月の1ヶ月間の搭乗者数は、全路線合計で約1,830万人となり、8月の最高記録を更新しました。

2018年8月のハイライトは次のとおりです。

·        占有面積12万7,000平方フィートのエンジン整備場を新規オープンしました。A350型機材および今後導入するA330-900neoに搭載されるロールスロイス社製次世代エンジン向けのMRO(整備・補修・オーバーホール)事業をサポートします。

·        機内エンターテインメント用個人モニターを設置した機材が600機に到達しました。デルタ航空は世界中の航空会社で最も多くの機材に個人モニターを搭載しており、より多くのお客様に無料の機内エンターテインメントを提供しています。

·        大西洋路線の2019年度夏期運航計画を発表しました。ロサンゼルスとパリ、アムステルダムを結ぶ路線、およびニューヨークとパリ、テル・アビブを結ぶ各路線の座席供給量の増加に加え、フロリダ州タンパとアムステルダムを結ぶ直行便を新たに就航させます。

·        共同事業(ジョイントベンチャー)パートナーのエールフランス-KLMと共に、業界初となる法人顧客向けプログラムを立ち上げました。サービス内容には優先搭乗や優先座席指定など、業務渡航の利便性を高める内容となっています。

日本発着路線を含む太平洋路線の供給座席マイル(キャパシティ)は前年同期比1.4%減、ロードファクター(座席利用率)は前年から2ポイント減の89%でした。

関連する記事

エアアジアXは、成田・クアラルンプール線に11月新規就航する。 エアアジアX(IATAコード:D7、以下「D7」)は、2019年11月20日より成田=クアラルンプール線に…

続きを読む

JALは20日、国交省に国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請した。 JALは、2019年10月から適用する「燃油特別付加運賃」(通称「燃油サーチャージ」)の適用額改定を…

続きを読む

成田空港は、全ターミナルで「Smart Check-in」を今夏から順次開始する。 成田空港では、今夏から全てのターミナルに順次、自動手荷物預け機が本格導入されることにあ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube