デルタ航空、新型コロナウイルス対応で日米路線を減便

  • 2020年3月6日

 デルタ航空は5日、新型コロナウイルス対応で日米路線を減便すると発表した。

デルタ航空は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響による需要低下に対応するため、4月30日まで、日米路線の週当たりの運航便数を減らすことを決定しました。また、季節運航の関空ーシアトル便については、今季のみ運休し、来季に再開する計画です。

お客様と従業員の安全と健康を守ることは、デルタ航空にとって最優先事項であり、米国疾病管理予防センター(CDC)や世界保健機関(WHO)と常時連携し、そのガイドラインに沿った、あるいはそれ以上に厳格なトレーニング、ポリシー、手順、客室内の清掃・消毒などを実施しています。デルタ航空の新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新情報は、こちらをご覧ください。https://news.delta.com/what-were-doing-delta-takes-action-customers-following-covid-19-outbreak-JP

運航スケジュールの変更
米国出発便は3月7日から、日本出発便は3月8日から、以下の運航スケジュールが適用されます。

すべての東京ー米国便を、成田空港から羽田空港に集約する計画(https://news.delta.com/delta-become-largest-us-carrier-serving-tokyo-haneda-2020-JP)は、予定どおり3月29日に実施します。シアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、ポートランド行き便は、3月29日より成田空港から羽田空港に移行し、既存のミネアポリス便とロサンゼルス便は、引き続き羽田空港から運航します。

成田―マニラ便は、3月27日まで毎日運航し、その後は日米路線の羽田空港への集約に伴い運休します。ソウル(仁川)とマニラ間の新規路線の就航日は、予定していた3月29日から5月1日に変更になります。

関空ーシアトル間の夏季季節運航便は、2020年は運休し、2021年夏スケジュールに再開する予定です。なお、関空―ホノルル便は週3便で運航します。

運航スケジュールの詳細は、3月7日にdelta.comに掲載されます。引き続き状況を観察し、状況の変化に応じて、追加の調整を行う場合があります。

お客様への対応
ご旅程に影響するご予約をお持ちのお客様は、デルタ航空ホームページの「旅程」にアクセスしていただくと、オプションをご確認いただけます。オプションには、他のデルタ便への変更、4月30日以降の出発便への変更、他の航空会社またはパートナー航空会社への変更、払い戻し、その他の方法について相談する、などがあります。

デルタ航空は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に伴い、ご旅行の予定の変更を希望するお客様に対し、変更手数料を免除しています。https://ja.delta.com/jp/ja/advisories/other-alerts/coronavirus-travel-updates

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら