デルタ航空、ロサンゼルス発羽田行きの便に米著名シェフ監修の新メニュー

  • 2018年5月4日

 デルタ航空は、ロサンゼルス発羽田行きの便に米著名シェフ監修の新メニューを導入する。

デルタ航空(NYSE:DAL)は、6月1日より、ロサンゼルス-羽田便のビジネスクラス「デルタ・ワン」の機内食*に、ロサンゼルスを拠点に活躍するシェフ、ジョン・シュック(Jon Shook)とヴィニー・ドトーロ(Vinny Dotolo)監修の新メニューを導入します。*ロス発の片道のみ

マリナラソースで煮込んだミートボールマリナラソースで煮込んだミートボール

夏メニュー(6月~8月)には、マリナラソースで煮込んだミートボール、バーベキューチキン マカロニアンドチーズ添え、フォンティナチーズ、パルメザンチーズ、ラスケラチーズのラザニアなどが含まれます。

ジョン・シュックとヴィニー・ドトーロは、ロサンゼルスで複数の人気レストランのシェフを務め、全米の美食の祭典として知られ食のオスカーとも呼ばれる「ジェームス・ビアード賞」を受賞しています。デルタ航空では、2017年12月1日からロサンゼルス発ニューヨーク(JFK)便とワシントンDC(DCA)行きの便にて、二人のシェフの考案したメニューを提供しており、今夏よりロサンゼルス発の国際線にも導入することになりました。羽田便のほか、ロサンゼルスとパリ、アムステルダム、上海行きの全4路線が対象となります。

著名シェフのメニュー導入は、デルタ航空が進めている顧客エクスペリエンスの向上のための様々な施策の一環です。投資には、最新シートを搭載したエアバスA350型機の日本路線への導入や、「デルタ・ワン」および「デルタ・プレミアムセレクト」へのイタリアンブランド「アレッシイ」の食器やLSTNヘッドフォンの導入、エコノミークラス「メインキャビン」でのスリッパの提供やハーゲンダッツやベン&ジェリーなど人気アイスクリームブランドの導入、ブランケットの刷新などが含まれます。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら