テーマパークは2.2%増加 経産省、特定サービス産業の3月売上高

  • 2018年6月10日

 経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の3月分確報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、遊園地・テーマパーク(TP)など3業種が前年同月比増加。ゴルフ場が横ばいで、パチンコホールのみ減少した。TPは2.2%増の678億9千万円と、2カ月連続で増加した。

 TPの内訳は、入場料金、施設利用料金収入が1.7%増。入場者数は一般が横ばい、団体が0.4%増で、合計で横ばいだった。

 ゴルフ練習場は1.5%増の25億8700万円と、4カ月ぶりに増加した。利用者数が2.8%増加した。

 ボウリング場は4.6%増の20億3700万円と、6カ月連続で増加した。利用者数が5.1%増加した。

 ゴルフ場は横ばいの61億5100万円。利用料金収入が0.5%増加、利用者数が2.4%減少した。

 パチンコホールは3.8%減の2926億7400万円と、48カ月連続で減少した。

 対個人サービス業の教養・生活関連5業種の売上高は、フィットネスクラブ、外国語会話教室の2業種が前年同月比増加。結婚式場業、葬儀業、学習塾の3業種が減少した。フィットネスクラブは6カ月連続、外国語会話教室は12カ月連続で増加した。

関連する記事

観光庁、スポーツ庁、文化庁が連携し、スポーツや文化、芸術の融合によって観光を活性化させた事例を表彰する「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の受賞団体・取り組み5件が…

続きを読む

観光庁は12月21日、日本版DMOの登録制度で、第4弾の本登録として16法人を追加登録した。追加登録の法人は次の通り(カッコ内は対象区域)。 【地域連携DMO】NPO産…

続きを読む

北海道倶知安町は昨年12月の町議会で宿泊税条例案を可決した。町内の宿泊施設の宿泊客から宿泊料金の2%を徴収し、増加する観光客の受け入れ環境の整備など観光振興の財源に充てる…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube