タップ、創業30周年式典を開催~記念講演にデービッド・アトキンソン氏

  • 2017年12月7日

林会長

 ホテル旅館向けシステムのタップはこのほど、「創業30周年記念式典」を千葉県浦安市のホテルオークラ東京ベイで開いた。約600人が出席した。

 同社創業者である林悦男代表取締役会長=写真=は、同社30年の歩みを振り返る中で、「元々IHIで造船や原発の社内生産管理システムを開発していたが、独立起業し、宿泊施設向けシステムだけを30年間やってきた。今後もホテル旅館向け以外はやらない」と強調した。

 また、1989年に開始したホテル向けパッケージシステム販売が契約800施設、2000年に始めたPC用POSシステム販売が契約1300ライセンス、01年からのAPS(クラウド)サービスが契約施設の75%の規模に成長したと報告。

 今後の展開については、沖縄IT津梁パーク内に研究実験ホテルを建設・運営する計画であること、小規模宿泊施設向けシステム「アコモド」を近々リリースすることなどを挙げた。アコモドについては、「これまでITの恩恵を受けてこなかった10室、20室規模の小規模宿泊施設に安価で使いやすいシステムを提供する」と語り、宿泊産業界に対する同社の使命感をにじませた。

 30周年記念講演「続・観光立国論」ではデービッド・アトキンソン氏が登壇。
 同氏は「インバウンド客誘致は、感覚ではなくデータに基づいたマーケティング活動として行うべき」「日本には富裕層が満足できる国際水準の5つ星ホテルが不足している」などと指摘した。その上で「日本の観光業界の未来は、行政でも私でもなく、当事者である宿泊施設の皆さまにかかっている」と述べ、宿泊業界に熱いエールを送った。

関連する記事

エボラブルアジアは13日、Airbnb向け「ワンストップサービス」を同社子会社のエアトリステイで始めると発表した。 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、…

続きを読む

米ADARAは5日、ANAとの提携を発表した。 2018年2月5日、アメリカ、カリフォルニア州パルアルト発グローバルトラベルデータコープ (Data Co-op) のAD…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、全国企業対象の景気動向調査の昨年12月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月比0・9ポイント増の50・9で、2…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?