タカラトミー、万葉線の「ドラえもんトラム」の「プラレール」を1月17日に発売

  • 2018年12月4日

 タカラトミーは、万葉線の「ドラえもんトラム」の「プラレール」を1月17日に発売する。

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、万葉線株式会社(代表取締役社長:中村正治/所在地:富山県高岡市)の車両で、人気キャラクター「ドラえもん」をデザインした「ドラえもんトラム」を鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品「SC-06 ドラえもんトラム」(希望小売価格:2,400円/税抜き)として、2019年1月17日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(https://takaratomymall.jp/shop/)、万葉線株式会社本社等にて発売いたします。
なお、一般発売に先駆け、2018年12月19日(水)から万葉線株式会社が高岡市内にて先行発売を行います。

「ドラえもんトラム」は、富山県高岡市と射水市を走る路面電車万葉線のMLRV1000型に、「ドラえもん」のラッピングを施した車両です。高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作「ドラえもん」のカラーリングやキャラクターが車内外にデザインされていることが特徴で、2112年9月3日に誕生するドラえもんの「生誕100年前」を記念して、2012年9月に運行を開始しました。

「ドラえもんトラム」車両(実車)

「プラレール」は2018年6月から全国を走るキャラクターラッピング車両シリーズを展開しており、「SC-06 ドラえもんトラム」は、窓に描かれているキャラクターたちや、ドラえもんカラーの車体、“どこでもドア”を思わせるピンクのドアなどを忠実に再現しました。2018年11月30日(金)から2週間限定で、高岡駅1F待合室で同車両を含むプラレールジオラマの展示も行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<商品概要>

商  品  名  : プラレール「SC-06 ドラえもんトラム」
希望小売価格  : 2,400円(税抜き)
発売日  : 2019年1月17日(木)
本体サイズ  : 幅約300㎜×高さ約51㎜×厚さ約40㎜
対象年齢  : 3歳以上
商品内容  : 本体×1
使用電池  : 単3形乾電池×1本(別売り)
取扱い場所  : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、
万葉線会社本社等
著作権表記  : © TOMY ©Fujiko-Pro 万葉線株式会社商品化許諾済
ホームページ  : www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

 プラレール「SC-06 ドラえもんトラム」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<先行販売概要>

① 先行販売日時 : 2018年12月19日(水) 9:30~12:00
② 先行販売場所 : 高岡市美術館B1フロアー
③ 販売個数 : 限定500個(お一人様3個まで)
④ その他 : 12月19日(水)12:00~は、万葉線㈱本社、高岡駅2F富岡屋、
ホテルニューオータニ高岡等で扱います。
※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(※)「プラレール」とは
鉄道玩具 「プラレール」 は、2019年に発売60周年を迎えるロングセラーの鉄道玩具です。1959年に「プラレール」の原型である「プラスチック汽車・レールセット」が発売されてから半世紀以上、身近な“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力を育む玩具として愛されています。青いレールを自由につなげて線路をレイアウトし、3両編成の列車を走らせることが基本の遊び方です。発売当時から現在まで、青いレールの規格は統一されており、現在では親子三世代にわたり親しまれています。日本国内ではこれまでに、累計約1,430種類、1億6,500万個以上を販売しています(2018年3月末現在)。
© TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です
www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

関連する記事

新潟開港150周年記念商品「新潟ショコラ」いちご味が1日、発売された。 新潟開港150周年を記念して販売されている『新潟ショコラ』シリーズに、新潟県産いちご「越後姫」を使…

続きを読む

消臭スプレーやノロウイルス対策商品などを販売するシステム・シャイン・サービス(東京都豊島区)は、窓ガラスの結露を防止する業務用のスプレー「結露ブロッカー3S」を旅館・ホテ…

続きを読む

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:今井敏行)は、書籍型のガイドブック『台湾72時間』『ハワイ72…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube