タカラトミー、「OT-01 おしゃべりトーマスえいごプラス」発売

  • 2018年12月30日

 タカラトミーは27日、「OT-01 おしゃべりトーマスえいごプラス」を発売した。

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、鉄道玩具「プラレール」の新商品として、英語と日本語の2カ国語でおしゃべりする「OT-01 おしゃべりトーマスえいごプラス」「OT-02 おしゃべりパーシーえいごプラス」(各3,000円/税抜き)を2018年12月27日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式 ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp等にて発売いたします。2019年で60周年を迎えるプラレールの歴史の中でも、英語を学ぶことのできる機能を車両に搭載したプラレールは本商品が初となります。

「OT-01 おしゃべりトーマスえいごプラス」と「OT-02 おしゃべりパーシーえいごプラス」は、『きかんしゃトーマス』の人気キャラクターを鉄道玩具「プラレール」で走行できる車両として再現した商品です。それぞれ、「プラレール」のレールの上を電動で走行できるほか、日本語と英語のセリフ計60種類以上を含む、様々なサウンドを楽しむことができます。
本商品は、『きかんしゃトーマス』のテレビアニメを通常の日本語での放送に加えて、副音声の英語でも楽しんでいるご家庭が多いことを受けて企画されたもので、「プラレール」での遊びを通じて英語を楽しく学んでほしいという思いが込められています。

英語のセリフはクイズ形式になっており、車両が停車している状態でボタンを押すと流れます。クイズの内容はキャラクターによって異なり、トーマスは動物クイズ、パーシーは数字クイズがそれぞれ楽しめるようになっています。また、走行時にはテレビアニメ同様の声で日本語のおしゃべりやキャラクターへの呼び掛け、汽笛音などの効果音、楽しい音楽が流れます。

英語と日本語の2ケ国語でおしゃべりするプラレール車両は、今後もトーマス・パーシー以外の『きかんしゃトーマス』の人気キャラクターもラインナップされていく予定です。

また、1歳半から楽しめる「プラレール」の入門シリーズ『はじめてのプラレール』にも、『きかんしゃトーマス』のキャラクター3種が2018年12月27日(木)から新たに加わります。

◆ 英語と日本語、2ケ国語でおしゃべり!
英語と日本語の2ケ国語でおしゃべりするため、1つの商品で通常のプラレールでの遊びと、英語を取り入れた遊びの両方をお楽しみいただけます。
英語と日本語、2か国語でおしゃべり

◆ 遊びながら楽しく学べる!英語のクイズを収録
車両が止まっている状態で、車体の上の“トーキングボタン”を押すことで、英語のクイズが流れます。クイズの内容はキャラクターによって異なり、トーマスは動物クイズ、パーシーは数字クイズがそれぞれ10種ずつ楽しめます。クイズの後にはヒントとなる効果音が流れるため、お子さまがクイズの答えを連想しやすくなっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【トーマスの動物クイズの例】
機関士さん: 「English Quiz!」
トーマス: 「機関士さん、あの動物は何かな?」
(ヒントの効果音:モオ~!)
機関士さん: 「COW!!」
トーマス: 「うし」
トーマスの動物クイズの例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【パーシーの数字クイズの例】
郵便屋さん: 「English Quiz!」
パーシー: 「郵便屋さん、荷物はいくつ?」
(ヒントの効果音:ポン!)
郵便屋さん: 「ONE!」
パーシー: 「いち!」
パーシーの数字クイズの例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 走行・手転がし時は、日本語のおしゃべり&楽しいBGM
車両がレールの上で電動走行している時、もしくは手転がしされている時には、日本語のセリフや楽しいBGMがランダムに流れます。日本語のセリフは、テレビアニメ同様の声で、それぞれ50種類以上収録されています。
また、流れるBGMは、トーマスは“きかんしゃトーマスのテーマ曲”、パーシーは “ABCの歌”(歌詞入り)です。
日本語でのおしゃべり例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【トーマスの日本語セリフ例】
「さあ!冒険に出発だ!」「こんにちは!トップハム・ ハット卿!」「ひゃっほーー!飛ばすぞー!」

【パーシー日本語セリフ例】
「今日は手紙を配達するんだ!」「(ピッピ―!)からかわないでよ~!」「ねぇ!トーマス!どこ行くの~?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<商品詳細>

商品名: プラレール「OT-01 おしゃべりトーマスえいごプラス」
プラレール「OT-02 おしゃべりパーシーえいごプラス」
価格: 各3,000円(税抜き)
商品サイズ: トーマス (W)約40mm×(H)約52mm×(D)約80mm
パーシー (W)約40mm×(H)約52mm×(D)約66mm
発売日: 2018年12月27日(木)
対象年齢: 3歳以上
商品内容: 本体×1(※レールは別売りです)
使用電池:   単3形乾電池×1、単4形乾電池×2(別売)
取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、
プラレール専門店「プラレールショップ」、
インターネットショップ等
ホームページ : www.takaratomy.co.jp/products/plarail/tettei/thomas_set/oshaberi/index.htm
版権表記  : © 2018 Gullane (Thomas) Limited.
© 2018 HIT Entertaimment Limited.
© TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

「OT-01 おしゃべりトーマスえいごプラス」
「OT-02 おしゃべりパーシーえいごプラス」


<関連商品: 1歳半から楽しめる『はじめてのプラレール』に『きかんしゃトーマス』シリーズが登場>

2018年2月から発売中の、1歳半から楽しめる「プラレール」の入門シリーズ『はじめてのプラレール』の新商品として、「はじめてのプラレール おでかけトーマス」「はじめてのプラレール おでかけパーシー」「はじめてのプラレール おでかけジェームズ」(各1,480円/税抜き)が新たに加わり、2018年12月27日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式 ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp等にて発売いたします。

「はじめてのプラレール おでかけトーマス」使用例

『はじめてのプラレール』は、1歳半以上のお子さまが楽しめるように工夫されたプラレールです。手ころがしで走行させると中のカラフルなビーズが回転してシャラシャラと音が鳴るほか、面ファスナーで止められるベルトが付いているため、ベビーカーやかばんなどに取り付けて持ち運んでいただけます。

また、プラレールのレールの上を手ころがしで走行させたり、電動で走る動力車に連結・牽引してもらって走行することもできるため、通常のプラレール(対象年齢3歳以上)と合わせて遊ぶこともできます。

「はじめてのプラレール おでかけトーマス」ベビーカー取り付け例

商品名: 「はじめてのプラレール おでかけトーマス」
「はじめてのプラレール おでかけパーシー」
「はじめてのプラレール おでかけジェームズ」
価格: 各1,480円(税抜き)
商品サイズ: (W)約50mm×(H)約67mm×(D)約125mm
発売日: 2018年12月27日(木)
対象年齢: 1歳6ヶ月以上
商品内容: 本体×1、ベルト×1
取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の
玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップ等
ホームページ :www.takaratomy.co.jp/products/plarail/tettei/set/18_01_pte/index.htm
版権表記: © 2018 Gullane (Thomas) Limited.
© 2018 HIT Entertaimment Limited.
© TOMY
「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

「はじめてのプラレール おでかけトーマス」「はじめてのプラレール おでかけパーシー」「はじめてのプラレール おでかけジェームズ」

【「プラレール」とは】
鉄道玩具 「プラレール」 は、2019年に発売60周年を迎えるロングセラーの鉄道玩具です。1959年に「プラレール」の原型である「プラスチック汽車・レールセット」が発売されてから半世紀以上、身近な“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力を育む玩具として愛されています。青いレールを自由につなげて線路をレイアウトし、3両編成の列車を走らせることが基本の遊び方です。発売当時から現在まで、青いレールの規格は統一されており、現在では親子三世代にわたり親しまれています。日本国内ではこれまでに、累計約1,430種類、1億6,500万個以上を販売しています(2018年3月末現在)。
© TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です
www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

【『きかんしゃトーマス』について】
きかんしゃトーマスは2015年に原作出版70周年を迎えた、特に未就学児に大人気のクラシックキャラクターです。イギリスの牧師、ウィルバート・オードリーが描いた「汽車のえほん」シリーズがベストセラーとなり、そこに登場する「きかんしゃトーマス」も人気キャラクターになりました。その後、イギリスの映像プロデューサー、ブリット・オールクロフトにより1984年に映像化され、現在世界で55の言語で160以上のエリアで放送されています。日本でも、絵本出版から40年以上、テレビ放送から25年以上の歴史があり、現在はNHK Eテレで毎週日曜日に放送されています。

関連する記事

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:今井敏行)は、『東京から行く! 日帰り絶景さんぽ 2019-2…

続きを読む

手仕事、自然素材が売りの「ハグみじゅうたん」の企画、販売、卸を行うCOBLIN(コブリン、新潟県新潟市)は7日、ラグ・じゅうたんの法人向けレンタルサービス「ロハスク」を本…

続きを読む

凸版印刷は、「東寺ARフォトブック」を制作した。 東寺境内売店で24日、発売した。 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube