スポーツボランティア文化醸成 近ツーと東京マラソン財団が協定締結 

  • 2022年8月1日

伊藤理事長(左)と髙川社長

 近畿日本ツーリストコーポレートビジネス(KCB)と東京マラソン財団は7月20日、スポーツボランティア活動の促進・育成に関する協定を締結した。それぞれの資源や実績などを生かし、スポーツボランティア活動を促進。社会的課題の解決に取り組み、サステナブルな未来を創るスポーツボランティア文化の醸成を目指す。

 連携では、スポーツボランティア活動の促進・育成に関する取り組みとして、スポーツボランティアの講習・研修・育成や活動機会の提供のほか、スポーツボランティアに関する周知・啓発活動を行う。

 両者は、協働プロジェクトとして8月19、27、28日、9月23日の計4日に、東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ・VOLUNTAINERスキルアップ講習「心のバリアフリー」を開催する。

 同日には締結式を開催。東京マラソン財団の伊藤静夫理事長は「スポーツを通じたボランティアは、自ら行うスポーツだけでなく、支える側の立場としてスポーツ界を象徴する活動となる。協定を軸に互いの思いを具現化したい」と今後の展開に期待した。KCBの高川雄二社長は「東京2020大会でスポーツボランティアという動き、文化が認知され、活発化してきた。本取り組みは、健康、福祉、働きがい、住みよいまちづくりなど、SDGsにつながる取り組みでもある」と取り組みの重要性を訴えた。


伊藤理事長(左)と髙川社長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram