ジェトロ北海道、ファムトリップに旅行業14社を招請

  • 2018年11月7日

 ジェトロ北海道は10月26日から3日間、北海道のインバウンド観光の回復を支援するため、外資系旅行事業者を対象にしたファムトリップを実施した。

 中国、香港、韓国、マレーシアに本拠を置く14社の経営責任者や事業マネージャーなど24人を招請。札幌市内のホテルで観光関係者らと交流会した後、スキーリゾートとして知られるキロロやニセコ地区、景勝地の洞爺湖などを視察してもらった。

 マレーシアが本部のアップルバケーションズジャパンの張炳珊(チョン・ペン・サン)代表は「10月は売れ行きも順調になり、年末ツアーは80%が完売になった。北海道商品をたくさん造成し、100%を目指して頑張りたい」と交流会であいさつした。

 出席した道内の観光関係者も、冬季観光や中華圏の春節などに向け、インバウンドの回復と増加に期待を寄せていた。

関連する記事

訪日観光客専門バス会社の「ワールドキャビン」は11日 、ホームページを全面リニューアルした。 株式会社WORLD CABIN(所在地:東京都新宿区)は、ホームページを全面…

続きを読む

日本温泉協会は、10言語に対応した風呂でのエチケットを啓蒙するポスターを制作=写真は見本、販売を始めた。訪日外国人旅行者の多い宿などに購入を呼び掛けている。 温泉、入浴関連…

続きを読む

京都市は、Visa・Voyaginと連携した 外国人観光客の伏見・大原などへの訪問を促進する 体験型メニューの開発・販売促進を19日に開始する。 この度,京都市及び(公…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube