シンガポール航空、ボーイング737-8の新機内プロダクト発表

  • 2021年11月23日

 シンガポール航空は16日、ボーイング737-8の新機内プロダクトを発表した。

シンガポール航空(本社:シンガポール、CEO:ゴー・チュン・ポン)は、シンガポール時間の2021年11月16日、ボーイング737-8に搭載される新しい機内プロダクトについて発表しました。新機内プロダクトは数週間以内に同機に導入予定です。これにより、シンガポール航空のナローボディ機でも、ワイドボディ機と同様の快適性が実現し、シンガポール航空のネットワーク全体でお客様に常に一貫した上質な旅を提供できるようになります。

ボーイング737-8ボーイング737-8

ビジネスクラス(10席)ビジネスクラス(10席)

エコノミークラス(144席)エコノミークラス(144席)

シンガポール航空のボーイング737-8は、ビジネスクラス10席、エコノミークラス144席の2クラス制・計154席で構成されており、新しい機内プロダクトはシンガポール航空のお客様のために特注された部分が備わっています。

倒すとフルフラットになるビジネスクラスの座席は、ロンドンを拠点とするファクトリーデザイン社(Factorydesign)が設計し、トンプソン・エアロ・シーティング社(Thompson Aero Seating)がシンガポール航空のために製造しています。エコノミークラスの座席には、コリンズ・エアロスペース社(Collins Aerospace)製の最新型スリムシートを採用。ボーイング737-8の客室は、人間工学に基づき、お客様の手の届くところにすべてのものが備わるように設計されています。

同機には、パナソニック社製のシートバック型機内エンターテインメント「Xシリーズ」が搭載され、お客様はクリスワールド(KrisWorld)の最新コンテンツを楽しむことができます。さらにパナソニック社製の機内Wi-Fiやモバイルデータ接続サービスも搭載されています。

シンガポール航空は、ナローボディ機で運航する短・中距離路線のサービスをさらに格上げすべく、業界をリードする新しい機内プロダクトの開発、設計、搭載に約2億3,000万シンガポールドルを投資しています。

シンガポール航空のボーイング737-8は、今後数週間以内にブルネイ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、モルディブ、ネパール、タイをはじめとする同社ネットワークの短・中距離路線に順次就航します(関係当局の認可を前提とします)。フライトの詳細については、追って発表します。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら