シェラトンホテル&リゾート、ロゴを刷新

  • 2019年3月14日

 マリオット・インターナショナルは14日、シェラトンホテル&リゾートのロゴを刷新すると発表した。

 マリオット・インターナショナル(本社:米国メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アー二・ソレンソン)が展開するブランドの中でも世界的に最も知られているブランドのひとつ、シェラトンホテル&リゾートは、ブランドの過去の歴史に敬意を払いながらも将来へのビジョンを描いた新しいロゴを発表し、タイムレスで先駆的なレガシーとともに、改革の旅を続けます。新しいデザインは未来へ向けたブランドのホリスティックなビジョンを反映しており、シェラトンを世界中のコミュニティが集う中心地にし、ゲストや地元の人々をモダンな街の広場のような雰囲気を醸す公共の空間へと歓迎いたします。

シェラトンホテル&リゾート 新ロゴシェラトンホテル&リゾート 新ロゴ

 「ロゴの進化は、一新されたエネルギーや、当社のオーナー及びゲストの方々に対する、アイコニックなこのブランドの復活への確固たるコミットメントを反映しています。これは単なるロゴではなく、新たなゲストエクスペリエンスに対するシェラトンのビジョンの象徴的な声明なのです。そして新たなロゴは、現代的なデザインと雰囲気を合わせ持った、ブランド再設計というパズルの最後のピースであり、以前のロゴが持っていたパワフルな公平感や知名度を保ちつつ、再考されたシェラトンの空間にマッチしています」(マリオット・インターナショナル クラシックプレミアムブランド グローバルブランドマーケティング ヴァイスプレジデント、マラ・ハヌラのコメント)

ゲストは一新されたシェラトンを、本年フェニックスにてご体験いただけます。2018年に当社が購入し、生まれ変わったシェラトン・グランドフェニックスは1,000室のゲストルームを擁し、その他のエキサイティングなイノベーションとともに、シェラトンの戦略に完全に沿った第一号のホテルとなります。当ホテルは人々にとってのリビングであり、息をつく場所となり、ホテルの空間に独特のコミュニティの雰囲気をもたらす新しいテクノロジーと見識を駆使し、デザインやアクティベーションをお届けいたします。

「ブランドの新たな方向性にはかなりの熱意が込められ、オーナーの皆様はこの変化をとても楽しみにされています。フェニックスからトロントやテルアビブ、そしてフィジーまで、世界中で3割のシェラトンのホテルが、何らかの形でリノベーションを行っています。それが完全なる生まれ変わりでも、一部のみの生まれ変わりであっても、ゲストが目にするものに喜びを感じるであろうと確信しています」(シェラトンホテル&リゾート ヴァイスプレジデント兼グローバルブランドリーダー、インディ・アデノ―のコメント)

生まれ変わったシェラトンのゲストルーム(イメージ)生まれ変わったシェラトンのゲストルーム(イメージ)

中国初の欧米ブランドとして、また、東ヨーロッパとロシアにおいて初めてビジネスを展開したアメリカのブランドとして、シェラトンの象徴的な紋章(ロゴ)は、世界で最も認知度の高いマークのうちのひとつです。ブランドの長きにわたる歴史を思い出せるよう、新しいロゴの中心には、アイコニックなシェラトンの“S”が配置されています。新しいロゴは、シェラトンの歴史を振り返りながらも、将来へと目を向けるように再デザインされました。この新ロゴでは、象徴的な月桂樹の葉が、世界からの動きや集いのエネルギーとして表現されており、中心に描かれている現代的なシェラトンの“S”へと導きます。本年4月より、ゲストの皆様は各ホテルの印刷物やウェブサイトにて、新しいロゴをご覧いただけることとなります。

シェラトンブランドの節目を迎え、世界中のシェラトンアソシエイトは、ブランドが節目を迎えたということと一新されたシェラトンのサービス及びカルチャー戦略を記念して、3月13日に社内集会を実施しました。ブランドに対するアソシエイト自身のコミットメントを再度認識し、世界のコミュニティが集う中心地として、ブランド・ポジショニングの再確立を目指します。

新しいロゴに関する詳細は以下の動画からもご覧いただけます。

 

シェラトンホテル&リゾートについて
マリオット・インターナショナルが展開するブランドであるシェラトンホテル&リゾートは、世界の70に及ぶ国と地域に展開する450軒以上のホテルで、ゲストが旅を最大限に楽しむお手伝いをしています。革新的な体験、独自のデザイン、多岐にわたるチャンネルによるマーケティング、そしてサービスの強化などを今後も充実させ、ブランドの価値を高めてまいります。詳細はwww.sheraton.com をご覧ください。また、FacebookやTwitter(@sheratonhotels)、Instagram(@sheratonhotels)でも情報を発信しております。シェラトンは、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり新たに誕生したマリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoyは会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、MarriottBonvoy.marriott.comをご覧ください。

マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、130カ国・地域に30のブランド、 合わせて6,900軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リ ゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。また、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり、現在ではひとつになった旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)を提供しています。

関連する記事

東京マリオットホテルは、「マリオット ドーナツ デー」を6月7日に実施する。 東京マリオットホテル(東京都品川区 総支配人:河本浩)では、アメリカで毎年行われる催事「ナシ…

続きを読む

変なホテル大阪 西心斎橋は、客室でロボットによるコンシェルジュサービスを始める。 H.I.S.ホテルホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区代表取締役社長:岩間雄…

続きを読む

伊豆マリオットホテル修善寺は、BBQディナーを楽しむ夏のリゾートステイプラン「Brilliant Summer」を発売する。 伊豆マリオットホテル修善寺(静岡県伊豆市、総…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube