サンスターライン、マスク1万枚を大阪市に寄贈

  • 2020年6月28日

野瀬社長(左)と松尾課長代理

 大阪―釜山間でフェリーを運航するパンスターグループの日本総代理店サンスターライン(大阪市)は9日、新型コロナウイルス感染症対策に役立ててもらおうとフェイスマスク1万枚を大阪市に寄贈した。

 大阪市役所に同社が運営する貸し切りバス 「PANSTAR LAND CRUISE」で搬入が行われた。野瀬和宏社長は「2002年から釜山港―大阪港間で貨物と旅客を運び、日韓の交易交流の架け橋として頑張ってきた。今回の世界的なコロナウイルスの感染拡大に対し、グループとして何かできることはないかと考え、当社グループの金泫謙会長からの願いもあり、マスク1万枚を寄贈した。本来は当社の船で運びたかったが国の事情があり仁川から飛行機で運んだ。早くコロナが収束して船旅が楽しめるようになってほしい」と話した。

 松尾吉人・大阪市健康局健康推進部健康づくり課長代理は「ありがたい。必要としている施設などに配布し活用したい」と感謝を述べた。


野瀬社長(左)と松尾課長代理

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram