サウジアラビアが初の観光説明会 「観光を成長戦略の一つに」

  • 2022年7月12日

サウジアラビア政府観光局アジアパシフィック担当最高マーケット責任者のアルハサン・アルダッバグ氏が登壇

 サウジアラビア政府観光局は1日、日本で初となる観光説明会と商談会を東京の八芳園で開いた。2019年に日本を含めた世界49カ国に観光での入国を解禁し、観光を国の成長戦略の一つと位置付ける同国の施策と観光魅力を日本側の旅行業者らに伝えた。

 同局アジアパシフィック担当最高マーケット責任者のアルハサン・アルダッバグ氏は「サウジアラビアは国の“骨太方針”に沿い、観光に80億USドルという巨額の投資をする。目標は2030年までに世界から年間1億人を呼ぶこと。サウジアラビアの人々はアニメなど日本の文化に興味を持ち、日本人に親近感を持っている。世界の人々を歓迎するが、日本人は特に大歓迎だ」と述べた。

 サウジアラビアはアラビア半島の約8割、日本の約6倍という広大な国土を持つ中東の大国。世界最大の石油輸出国だが、西欧諸国が35年までにガソリン車の新車販売を禁止する方針のため、新しい産業構造を打ち立てようと新たな国家ビジョンを策定。医療、農業、鉄鋼業などに加え、観光業を促進する方針を定めた。20年6月に政府観光局を発足。昨年9月に同局日本支局を開設した。

 同国への入国は商用かイスラム教徒の聖地巡礼などに限られていたが、19年9月に49カ国の国民を対象に観光ビザの発給を解禁。日本人もオンラインで観光ビザを取得できるようになった。

 観光エリアは人口700万人を超え、経済発展が著しい首都リヤド、紅海沿岸でマリンスポーツとともにユネスコの世界遺産に登録される旧市街の散策が楽しめる第2の都市ジェッダ、国の北西部に位置し、100を超える墳墓など遺跡群が充実するアルウラーなど。


サウジアラビア政府観光局アジアパシフィック担当最高マーケット責任者のアルハサン・アルダッバグ氏が登壇

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram