コロナ禍で訪日客412万人 ビジット・ジャパン事業以前の水準に

  • 2021年2月6日

 2020年の訪日外国人旅行者数(年間値)は、新型コロナウイルスの世界的な流行で、前年同期比87.1%減の411万6千人となった。日本政府観光局(JNTO)が20日に発表した推計値。国際的に往来が縮小し、日本も水際対策で入国制限を講じたことで、2月以降、大幅な減少が続いた。年間値としては、政府がビジット・ジャパン(VJ)事業を始めた03年以前の1998年(410万6千人)ごろの水準となった。

 訪日外国人旅行者数は、VJ事業がスタートした2003年には521万人だったが、査証(ビザ)の要件緩和、プロモーションの効果などで増加基調に。19年には3188万2千人に達し、8年連続で過去最高を記録したが、コロナ禍で状況が一転した。

 リーマンショックや新型インフルエンザが影響した09年には前年同月比18.7%減の679万人、東日本大震災が発生した11年には同27.8%減の621万9千人に落ち込んだが、コロナ禍による20年の前年からの下げ幅は1964年の統計開始以来、過去最大だった。

 20年の訪日外国人旅行者数は1月が266万1千人と前年並みだったが、中国政府が海外ツアーの販売を1月27日から禁止するなど、2月以降、国際的な往来にコロナ禍の影響が拡大。観光目的の入国がなくなり、4~10月の各月は前年同月比が99%減で、8月までは月間1万人を割り込んだ。11月、12月は、ビジネス、留学、技能実習などの限定的な入国で月間6万人ほどだった。

 国・地域別の年間値を上位について見ると、中国88.9%減の106万9千人▽台湾85.8%減の69万5千人▽韓国91.3%減の48万8千人▽香港84.9%減の34万6千人▽タイ83.3%減の22万人▽米国87.3%減の21万9千人▽ベトナム69.2%減の15万3千人―などだった。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram