コロナで営業縮小 宿泊拒否の理由に 観光庁が解釈

  • 2021年1月30日

 観光庁は18日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、宿泊施設が営業を休止したり、営業規模を縮小したりして、宿泊を断らざるを得ないケースは、旅館業法が宿泊を拒める理由として規定する「宿泊施設に余裕がないとき」に含まれるとの解釈を公表した。

 ホームページに解釈を掲載し、利用者や宿泊施設に理解を呼び掛けている。解釈に当たっては、旅館業法を所管する厚生労働省に基本的な考え方を確認した。

 旅館業法の第5条は、旅館業者は「宿泊を拒んではならない」と定めているが、伝染性の疾病にかかっていると明らかに認められる者や風紀を乱す恐れがある者、「宿泊施設に余裕がないとき」などについては、宿泊を拒否できると規定している。

 観光庁は、「『宿泊施設に余裕がないとき』とは、必ずしも満室の場合だけを指すものではなく、施設の営業休止や営業規模の縮小に伴い十分な宿泊サービスを提供できない場合も含まれると解される」との基本的な考え方を示した。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram