ゲストハウス運営の光頼HD、自己破産手続き開始

  • 2022年8月14日

 帝国データバンクによると、ゲストハウス運営の光賴ホールディングス合同会社(滋賀県野洲市)と関係会社のTabibito(本店同所)、アニビアワークス(本店同所)は、6月8日に大津地裁から破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

 同合同会社は、2016年11月に設立した簡易宿所運営業者。京都市内にゲストハウスを開設し、国内外観光客を対象に一定の収入高を確保した。しかし18年以降は、同市内でホテルの建設やゲストハウスの開業が相次ぎ、価格競争が激化。同年6月には同市の改正旅館業適正化条例(宿泊施設管理者を駐在させることを義務付けた条例)が施行され、宿泊客滞在中は管理者の常駐が義務付けられるなどして人件費が増加し、採算を割り込む状況が続いた。19年以降もホテルの建設ラッシュで集客競争に拍車が掛かり、利用客が低迷。20年初頭に事業を停止し、今回の措置に至った。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram