グアム政府、入国時の検疫の条件を緩和

  • 2021年7月5日

 グアム政府は4日、入国時の検疫の条件を緩和した。

​​グアム政府観光局Webサイトにて、知事令2021-15「新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するために宣言された公衆衛生上の緊急事態の延長、入国する旅行者と検疫施設に対する制限の修正、および検疫施設に関して」を公開しました。

 

2021年7月4日午前12時1分より、グアムへの入国時に、到着前の72時間以内にうけたPCRテストで陰性を証明できる旅行者は、DPHSSガイダンスに従い、検疫が免除されます。

また、到着前の72時間以内にうけた抗原検査で陰性を証明できる旅行者は、DPHSSガイダンスの規定に従い、自宅検疫および監視の対象となります。

※検査方法や検体採取方法に関しては確認中となっております。最新の情報はhttps://www.visitguam.jp/entryintoguam/ をご覧ください。

 

下記は原文の翻訳でございます。

今回の知事令は弊局WEBサイトでも同様の内容を掲載しております。詳しくは、https://www.visitguam.jp/articles/post/20210528-2021-15/ をご覧ください。

 

 

2021年6月30日

グアム島

知事室

ハガニャ, グアム 96910

アメリカ合衆国

 

知事令2021-15

 

 

 

グアム州知事令No. 2021-15

 

新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するために宣言された公衆衛生上の緊急事態の

延長、入国する旅行者と検疫施設に対する制限の修正、および検疫施設に関して

 

 

2020年3月14日、私、Lourdes A. Leon Guerrero(グアム知事)は、グアムの自治基本条例およびグアムの法律によって与えられた権限に基づき、2019年の新型コロナウイルス(COVID-19)がもたらす危険性を理由に、グアム島で公衆衛生上の緊急事態を宣言した。

 

公衆衛生上の緊急事態を宣言して以来、グアムではCOVID-19に関連する140名の死者が出ている。

 

この記事を書いている時点で、グアムでは 8,300 人以上が COVID-19 の陽性反応を示している。

 

グアムでの COVID-19 による入院のピーク時には、102 人が COVID-19 に関連する症状で入院していた。

 

2021 年 2 月 19 日以降、グアムはパンデミック対応状況 3(PCOR 3)となっており、この期間中、ほとんどのビジネスや活動において、屋内で営業している施設の人数の制限、社交行事を制限するなどの条件付きで営業が許可されている。

 

2020年6月以降、グアムはCOVID-19の感染拡大のリスクを評価するために、有効な繁殖数、検査陽性率、人口10万人あたりの新規感染者数の3つの主要データを用いて算出されるCOVID Area Risk(以下、CAR)スコアに依存している。

 

グアムのCARスコアは、2020年11月下旬以降は5以下、2020年12月第2週以降は2.5以下を維持しており、本稿執筆時点では1.2と算出されている。

 

ワクチン接種計画の一環として、公衆衛生・社会サービス省(以下、DPHSS)とグアム国防軍が地域のワクチン接種クリニックを主導している。

 

2020年8月21日以降、大統領令第2020-28号に基づき、本島への入国旅行者は政府施設での強制検疫を受けることになった。この検疫政策は、COVID-19の蔓延を防ぐ上で大きな助けとなっており、2021年1月以降、200人以上の陽性患者が検疫中に阻止されている。

 

2021年3月15日、「Path to Half」キャンペーンを開始。これは、COVID-19の予防接種を受けることを地域社会に呼びかける活動で、当初の目標は2021年5月1日までに成人人口の50%にワクチンを接種すること、最終目標はその数カ月後にグアムで集団免疫を獲得することである

 

ワクチン接種は、COVID-19 に感染するのを防ぎ、感染しても重篤な症状が出ないようにするために非常に効果的であることが証明されている。入院や死亡が減り、他の人への感染リスクも減る可能性がある。

 

集団免疫を獲得することで、島の再開時期をより広範囲に広げ、残っている制限を緩和し、大規模な社交行事などの最もリスクの高い活動を許可することができるようになる。

 

「Path to Half」キャンペーンは、グアムの産業、特に観光業の再開に伴い、地域社会の安全を確保し、旅行者の入国時の検疫規制を緩和するための重要な取り組みであった。

 

この日の時点で、グアムの成人9万人以上が予防接種を受けており、これはグアムの成人人口の約75%に相当する。

 

この最初の目標を達成するために、地域社会では大きな反応があったが、何千人もの人々がまだ2回目の予防接種を完了していない。接種が完了していない人は感染しやすく、感染すると重篤な症状に見舞われ、他の人にも感染させてしまう可能性がある。

 

島全体の活動が正常化し始めた今、完全に予防接種を受けた海外からの旅行者は、脆弱な医療システムの安定化に対して、リスクが軽減しているという認識することは適切である。

 

2021年5月13日、グアム州知事令第2021-10号において、グアムに到着する旅行者のための旅行プロトコルが改訂され、FDA承認のCOVID-19ワクチンを検証可能な形で完全に接種した旅行者は、強制検疫が免除された。

 

改訂された旅行プロトコルは、COVID-19 が地域社会に蔓延するリスクを最小限に抑えながら、入国する旅行者、特に帰国したグアム住民がグアムに入国するための効率的な方法を提供するものである。

 

2021 年 6 月 16 日、大統領令第 2021-13 号により、検疫における予防接種の免除は、WHO の緊急使用リスト(EUL)に掲載された予防接種の国際基準に対応して承認されたワクチンを接種した入国旅行者に拡大された。

 

COVID-19ウイルス晒されることで地域社会にもたらすリスクは、地域社会でのワクチン接種率が上昇し、集団免疫に近づくにつれて大幅に軽減され、病院や診療所、最前線で働く人々に必要な休息を与え、島が平常に戻り、営業を再開し、パンデミックが経済的福利に及ぼした悪影響から徐々に回復することができる。

 

グアムの成人人口の75%以上が完全に予防接種を受けているという事実と、DPHSS、医師諮問委員会、政府機関の同意と助言を考慮すると、旅行プロトコルをさらに修正し、グアム到着後72時間以内にPCR検査で陰性を示した旅行者を検疫の対象外とすることが適切である。

 

私たちは、COVID-19 のパンデミックが依然として地域社会の安全に対する脅威であるという現実を常に念頭に置き、個人の判断で、予防接種を受けるなど、自分自身と大切な人をこの病気から守るために個人として行動することが重要である。

 

私たちは、友人や家族、特に共存因子を持つ人たちにワクチン接種を勧め、自分と大切な人の安全を守り、島の集団免疫を達成するために自分の役割を果たすべきである。

 

世界的な流行病が私たちの生活に与えた影響からコミュニティが立ち直ろうとしているとき、緊急事態はまだ終わっておらず、私たちは現在、そしてしばらくの間、緊急事態への対応に従事していることを認識することが重要である。

 

手を洗い、マスクを着用し、社会的な距離を保つという基本的な緩和策を継続して実践することで、島内でのCOVID-19の蔓延を抑制し、コミュニティの安全を保つために前進し続けることができるでしょう。

 

私、LOURDES A. LEON GUERRERO(グアムの知事)は、改正されたグアムの有機法によって私に与えられた権限により、ここに命令する。

 

1.公衆衛生上の緊急事態の延長。公衆衛生上の緊急事態

公衆衛生上の緊急事態は、行政命令第2020-03号で最初に宣言され、行政命令第2020-09号、2020-11号、2020-16号、2020-22号、2020-24号、2020-29号、2020-35号、2020-38号、2020-41号、2020-46号、2021-03号、2021-05号、2021-09号、2021-13号で延長されたが、2021年7月1日より、さらに30日間延長されるものとする。これにより、公衆衛生上の緊急事態の期限は2021年7月31日までとなる。

 

2. グアムのパンデミック対応状況は、引き続きPCOR3

グアムは引き続きPCOR3にあり、この期間中は、COVID-19の地域社会への蔓延を遅らせるために課された適度な制限の下での活動が許可されている。

 

3.差し押さえおよび立ち退き手続きのモラトリアム解除

差し押さえおよび立ち退き手続きのモラトリアムが解除された。エグゼクティブ・オーダーNo.2021-13に記載されているように、エグゼクティブ・オーダーNo.2020-07および2020-14で実施され、エグゼクティブ・オーダーNo.2021-04で継続が認められた、地域で設定された立ち退きおよび差し押さえのモラトリアムは、2021年7月1日をもって解除される。この措置は、米国保健社会福祉省疾病対策センターが2021年7月1日から7月31日までの期間に発令した「COVID-19のさらなる拡散を防ぐための住宅立ち退きの一時的停止」と題する命令(以下「CDC命令」)を含む、連邦政府の制限や制約を受ける可能性がある。CDC命令の下で提供される保護を利用することを希望するテナントは、CDCのウェブサイトwww.cdc.govを確認ください。

 

4. 入国する旅行者の検疫

入国する旅行者の検疫 適用される法律およびDPHSSガイダンスに基づき すべての入国旅行者は、政府の施設で検疫を受けるものとする。

 

–    a. ワクチン接種を受けた旅行者に対する免除

予防接種を受けた旅行者への適用除外 大統領令第2021-13号で定められた予防接種を受けた旅行者に対する免除措置は、DPHSSガイダンスの適用を受け、引き続き有効となる。

 

–    b. PCRテストが陰性の旅行者に対する免除

2021年7月4日午前12時1分より、グアム到着時に、グアム到着後72時間以内に実施されたPCR検査が陰性であることを提示した入国旅行者は、適用されるDPHSSガイダンスに従い、検疫が免除される。

 

–    c. 抗原検査が陰性の旅行者

2021年7月4日午前12時1分より、グアム到着時に、グアム到着後72時間以内に実施した抗原検査が陰性であることを提示した入国旅行者は、適用されるDPHSSガイダンスの規定に従い、自宅検疫および監視の対象となります。

 

–    d. 残りの旅行者

検疫の免除や自宅検疫の資格を持たない旅行者は、DPHSSガイダンスに定められた政府施設で検疫を受けるものとします。

 

5.予防接種

資格のあるグアムの住民は、できるだけ早く予防接種を受けることを強く勧める。

 

6.グアムCOVIDアラートアプリの使用推奨

スマートフォンをお持ちの方は、グアムCOVIDアラートアプリをダウンロードすることを勧める。このアプリは、COVID-19の陽性反応が出た人と接触した可能性のある人に警告を発するもので、無料でアップル社とアンドロイド社のデバイスでダウンロードできる。

 

7.分離可能性

本大統領令のいずれかの条項、またはいずれかの人物や状況に対するその適用が無効とされた場合、その無効性は、無効な条項や適用なしに効力を発揮することができる本大統領令の他の条項や適用に影響を与えるものではなく、そのために本大統領令の条項は分離可能なものとする。

 

8.以前の命令は有効である

過去のすべての大統領令は、本注文書と矛盾する部分を除き、完全に効力を有している。

 

2021年 6月30日、グアムのハガニアにて署名および宣言した。

ルーAレオンゲレロ

メガハガグアハン

グアム準州知事

 

 

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram