クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018、国交大臣賞に郵船クルーズの「世界一周クルーズ」

  • 2019年1月8日

 日本外航客船協会は「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018」のグランプリ(国土交通大臣賞)に郵船クルーズの「世界一周クルーズ」を選んだ。授賞式は12月13日、東京都内で行われた。

 18年は17点のクルーズ旅行商品などの応募、推薦があり、グランプリのほか、優秀賞4点、特別賞3点を選んだ。
 グランプリに輝いた郵船クルーズの商品は、客船「飛鳥Ⅱ」による北半球周遊型の世界一周クルーズで、15年以来3年ぶりの再開。

 不安定な国際情勢や休止期間による市場ニーズの不確定要素を乗り越え、一周コース乗客(700人超)で完売し、さらに同船に初めて乗る客が3割に達するなど、世界一周クルーズの存在意義を証明したことが高く評価された。

 優秀賞はジャパネットホールディングスの「MSCスプレンディダで行く 実りの秋、彩の日本一周クルーズ」、阪急交通社の「ゴールデンウイークW(2船同時)チャーター」などが受賞。

 阪急交通社の商品は、日本マーケット初登場の2隻を同時に全船チャーターし、6千人を超える幅広い世代を集客。日本のクルーズマーケットの裾野を大きく広げたことが決め手となった。

 このほか、特別賞では千葉県木更津市や和歌山県と新宮市のクルーズ船誘致の取り組みなどが受賞対象となった。

 木更津市は2年連続で客船「ぱしふいっく びいなす」による木更津港発のクルーズを手掛け、約8割が新規顧客という集客を達成。また、16万総トン級の外航クルーズ船でも受け入れ可能な機能も持っており、東京湾における東京、横浜に次ぐ第3のクルーズ港としての潜在能力の高さも評価された。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら