クラブツーリズム、組織体制を来年早々に見直し

  • 2018年11月20日

 KNT―CTホールディングス(HD)は8日に開いた中間決算発表会で、KNT―CTHDの中村哲夫取締役(経営戦略部・経理部担当)は記者からの質問に応対した。

 中村取締役は、自然災害の影響を大きく受けたクラブツーリズムの今後について「軽井沢スキーバス事故以来、仕入れ単価の上昇、距離制約など、今まで作れたツアーが作れなくなり、利益が上がらなくなっている。来年早々には組織の見直しを発表したい」と述べた。以前は5千~7千円で販売したツアーが約1万円前後の価格になるなど、仕入れコストが上昇し、利益が上がらない現状を打破するために、組織を見直す方針だ。

 今後の売り上げ予測については「10月までは自然災害の影響を受けたが、11月以降は順調。12月は、年末年始の日並びが良く、方面によっては110%を超える見込みだ」と堅調さをアピールした。

 また、店舗展開については、現状の店舗数を維持する方向性を示した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram