クラブツーリズム、水戸岡鋭治氏デザインの新型豪華バス「クラブツーリズムファースト」発表

  • 2019年2月6日

社内設備を説明する水戸岡氏

 クラブツーリズム(クラツー)は1月9日、新型デザインバス「CLUB TOURISM FIRST(クラブツーリズム フアースト)」お披露目会を東京都目黒区のホテル雅叙園東京で開催した。バスは、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」のデザインを手掛けたドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治代表がデザインを監修。10日から運行している。

 お披露目会では、クラツーの平野恭一取締役経営企画部長が「クラブツーリズムの新たなゴールとしてバスを作り発表した。単に移動手段でなく、バスに乗ること自体が目的となれば」とあいさつした。デザインについて水戸岡氏は「ななつ星でお客さまが望むものが分かるようになった。バスは、モダンよりクラシックなデザインを取り入れ、ぜいたくの理想を形にした。完璧にできたとは思わないが、空間を体験し、サービスを受けながら最高の思い出を作ってもらいたい」と述べた。

 デザインは、「心に残る旅立ちのステージを」をテーマに、外装は深い赤と黒で塗装し、内装は天井にバスでは初となる「格天井」を採用。車内は横3席、縦6列の全18席を設け、座席には木目調の肘掛け、専用足置き、背面には本革の荷物入れを採用した。バス後方にはツアー中にカフェを楽しめる「バーカウンター」を設置し、お茶ソムリエの高宇政光氏と珈琲(コーヒー)技巧士の毛利善伸氏監修の茶や珈琲が楽しめる。また、ウォシュレット付きトイレ、独立化粧台、全席座席シートにUSBポート、車内Wⅰ―Fⅰを完備した。

 ツアーは、シニア層や女性を主なターゲットに、月10~15本の商品を造成する。現在は東京発着のツアーのみだが、今後は大阪や京都発着のツアーも計画する。


社内設備を説明する水戸岡氏

関連する記事

九州産交ツーリズム会社は1月26日、熊本県玉名市の「いだてん大河ドラマ館」と同県和水町の「金栗四三ミュージアム」=写真=を結ぶ無料シャトルバスの運行を始めた。 運行期間…

続きを読む

成田空港は、航空機発着回数が7年連続で開港以来の最高値を更新したと発表した。 2018年暦年 空港運用状況 航空機発着回数をはじめ、以下の項目について開港以来最高となりま…

続きを読む

JALは、国際線予約開始を360日前に4月から変更する。 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)は、2019年4月から国際線の予…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube