クラツー、文化庁事業で「戦国無双×大阪歴史博物館」トークショー開催

  • 2021年4月3日

トークショーの様子

ゲーム制作者、声優らが博物館応援

 クラブツーリズムは3月20日、文化庁の博物館異分野連携モデル構築事業「『戦国無双5』博物館応援プロジェクト」の一環として、1日限りの特別トークショーを大阪歴史博物館(オンラインで生中継)で開いた。ゲームと歴史、それぞれの観点から戦国時代を考え、新しいコンテンツの形を創造する。

 戦国無双は、コーエーテクモゲームスから発売されている人気ゲーム。これまでに計5作で累計770万本以上を販売。7年ぶりの最新作である戦国無双5は6月24日に発売される。

 トークショーでは冒頭、大阪歴史博物館の大澤研一館長が「今回は戦国無双と全国11の歴史系の博物館が連携した。大阪に係わった武将はたくさんおり、ゆかりの地と言っていい。近隣にある遺跡、史跡とともに今後も博物館を巡ってほしい」とあいさつした。

 トークショーは2部構成で実施。1部では、大阪歴史博物館の谷口正樹学芸員が「『戦国無双』の兵(つわもの)は実在したか」をテーマに講演。無双という言葉があったのか、一騎当千の武将がいたのかを解説。かっこ良い、顔がよいことを「無双(ぶそう)」と例えていたことなどを紹介した。

 2部では「『ゲーム』と『歴史』、それぞれの観点から戦国時代を考える」を題にトーク。谷口学芸員のほか、戦国無双5プロデューサーでコーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長、戦国無双5で織田信長役の島崎信長氏が登壇。3者がイチ押しする武将や史実の観点から見る戦国無双などについて話し合った。鯉沼社長は「史実とエンターテインメント性の両方を追求している。歴史を知り、楽しむきっかけになれば」と話した。島崎氏は「シーンや伝えたいことへのリアリティを追求して演じている。ゲームを通じ、ぜひ歴史に興味を持ち、博物館にも訪れてほしい」と博物館への来訪を呼び掛けた。

 イベントの様子は、YouTube「クラブツーリズム歴史部チャンネル」で公開している。


トークショーの様子

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram