クラウドファンディング活用で白川郷の民宿を支援

  • 2020年5月24日

目標金額50万円を突破

 合掌ホールディングス(岐阜県白川村)は1日、白川郷内で同社予約システムと連携している合掌造りの民宿を支援するためのクラウドファンディングを開始した。募集は6月10日までで、目標金額は50万円。白川郷の民泊への未来宿泊チケットを販売し、新型コロナウイルス収束後に「心のふるさと」を届ける。

 同社は、昨年8月に設立以来、LocalFirst(ローカルファースト)として地域住民の生活や幸福度を重視し、ライトアップ機関の完全予約制や民宿の予約システムを導入するなど、業務効率を改善する仕組みづくりを行っている。

 「新型コロナウイルスの危機を乗り越え、新たな観光価値を作り上げたい。また、世界遺産『白川郷』を次世代に引き継げるようにしていく」と同社。

 クラウドファンディングの募集HPは https://camp-fire.jp/projects/267928/preview?token=bdd0zs88。台湾人向けにも実施している。

 今後は、3密を回避した民宿の1棟貸しをテーマにしたクラウドファンディングを行う予定だ。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram