キーワードは「少・短・近」 内閣府、旅行形態の変化を分析

  • 2021年2月16日

 内閣府はこのほど、「新型コロナウイルス感染症の影響による国内旅行消費の変化~旅行形態にみられる変化~」と題したレポートを発表した。観光庁の「旅行・観光消費動向調査」などをもとに分析。2020年は新型コロナの影響で旅行者の旅行形態が変化。旅行の「少人数化」「短期化」「近距離化」という三つのキーワードが浮かび上がるとした。

 感染拡大前の18~19年と、感染拡大の影響を受けた20年について、それぞれ第3四半期までの特徴をまとめた。20年の旅行は家族や友人など比較的大人数の旅行が急減した一方で、1人や夫婦との旅行など、少人数の旅行の割合が増加。1人や夫婦の割合は、第2四半期は例年の30%程度から、45%程度へと増えている。

 宿泊数は20年に1泊の割合が例年に比べて増加。第2四半期は60%程度から80%程度へと増えた。目的地は、同一都道府県への旅行比率が例年は約20%なのに対し、20年は3月ごろから35%程度まで急上昇。Go Toトラベル事業の開始で比率は低下傾向にあるが、依然として30%程度と高く、遠方の旅行を控える傾向があるとしている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram