カタール航空、MetaHumanキャビンクルーを搭載したメタバースを開設

  • 2022年5月12日

 カタール航空は4月27日、MetaHumanキャビンクルーを搭載したメタバースを開設したと発表した。

カタール航空は、同社ウェブサイトの訪問者向けに、これまでにない新たなバーチャルリアリティ(VR)体験「QVerse」の提供を開始し、メタバース(仮想空間)を開設しました。

 

ウェブサイトwww.qatarairways.com/QVerseにアクセスすると、お手持ちの電子機器にて、ハマド国際空港(HIA)のプレミアムチェックインエリアや受賞歴のあるビジネスクラス「Qsuite」およびエコノミークラスキャビンをはじめとする同社航空機内をバーチャルでご覧いただけます。また、カタールのナショナルキャリアであるカタール航空は、国際航空会社として初めてMetaHumanキャビンクルーを導入し、インタラクティブなデジタルカスタマーエクスペリエンスを提供します。

カタール航空のグループCEO アクバ・アル・バクルは、次のように述べています。「メタバースにより、物理的な境界はますます大きなスケールで取り除かれ始めています。旅行を愛する全ての人々にカタール航空の受賞歴のあるプロダクトやサービスのユニークな没入型体験を可能にするテクノロジーを導入できたことを大変嬉しく思います」

「カタール航空は、MetaHumanキャビンクルーを導入した初の航空会社となります。カタール航空は常に、お客様のご旅行体験をより良いものにするために、革新的なアイディアと最新のテクノロジーを取り入れ、導入していきたいと考えています」このメタバースは、Epic Games社の世界最先端のリアルタイム3D作成ツール「Unreal Engine」と忠実度の高いデジタルヒューマンの作成を可能にするクラウドベースのアプリ「MetaHuman Creator」を用いて開発されました。デジタルで制作された忠実度の高い3Dヒューマンモデルは「サマ(アラビア語で空を意味します)」と名付けられました。サマによるナレーションでビジネスクラスとエコノミークラスキャビンのユニークな特徴を紹介しながら、ユーザーとのエンゲージメントを通じてインタラクティブな旅行体験を提供し、新たな発見に満ちたバーチャルな旅にご案内します。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram