オーストラリア野生動物病院「カランビン・ワイルドライフ・ホスピタル」、チャリティイベント”Virtual Benefit Under The Stars”をオンライン開催

  • 2020年5月23日

 オーストラリアの野生動物病院「カランビン・ワイルドライフ・ホスピタル」は9日、チャリティイベント”Virtual Benefit Under The Stars”をオンラインで開催した。

クイーンズランド州政府観光局(オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン、CEO:リアン・コディントン)の日本事務所(東京都港区、日本局長:ポール・サマーズ)は、2020年5月9日(土)に野生動物病院「カランビン・ワイルドライフ・ホスピタル」が主催したチャリティイベント「Virtual Benefit Under the Stars」についてお伝えいたします。当イベントは野生動物保護の活動を伝え、治療が必要な動物への寄付金を集めることを目的に施設内で毎年開催されていました。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、初めてオンライン配信によって実施されました。

ニューサウスウェールズ州の森林火災でやけどを負い、カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルで治療を受けるコアラ ⓒCurrumbin Wildlife Hospitalニューサウスウェールズ州の森林火災でやけどを負い、カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルで治療を受けるコアラ ⓒCurrumbin Wildlife Hospital

●カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルとは
野生動物保護園「カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー」に併設されている「カランビン・ワイルドライフ・ホスピタル」は、1989年にオープンしたオーストラリア内最大級の野生動物病院です。毎年約600匹のコアラを含む、12,200匹以上の野生動物や園内の動物を治療しています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い「カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー」は臨時休園中ですが、カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルでは多くの野生動物の治療を続けています。
URL:https://currumbinsanctuary.com.au/hospital

●チャリティイベント “Virtual Benefit Under the Stars” をオンライン配信にて実施
イベント視聴チケットは25豪ドル、35豪ドル、75豪ドルの3種類を販売し、売上は病院の活動資金に充てられます。当日は、ライブ演奏やオーストラリアのセレブリティが出演し、病院からは森林火災が起こった際の動物たちの状態、その後のケアについての活動報告がありました。同時に赤ちゃんコアラ2匹の命名権オークションも行われ、最高落札額は2,500豪ドル(約175,000円)となりました。当イベントは19ヵ国より計1,535名が視聴し、寄付金は5月11日時点で約78,500豪ドル(約5,495,000円)集まりました。

多くの場合、交通事故やペットによる攻撃など人的な原因で野生動物は病院まで運ばれてきます。こうした状況に加え、2019年から2020年2月まで広範囲に渡って発生した森林火災により10億匹の野生動物が犠牲になりました。多くの木や植物が焼けた結果、動物たちの食料が枯渇し、生息が脅かされています。被害が拡大したニューサウスウェールズ州では同地域に生息するコアラの約30%が死亡しました。

イベントでは、オーストラリア出身でハリウッド俳優のクリス・ヘムズワース氏が病院を訪れた映像が放映され、保護されEmber(エンバー)と名づけられた雄コアラの状態について報告がありました。エンバーは、森林火災と干ばつの影響で深刻な脱水症状を患いましたが、病院にて3ヶ月に渡る治療を受けたことにより、現在は良好な健康状態まで回復しています。いまでもコアラをはじめとした多くの野生動物がカランビン・ワイルドライフ・ホスピタルにて保護され、治療が行われています。

野生動物を無償で治療し、野生へと帰すまでには多くの時間と費用がかかります。昨年は500匹以上のコアラが当病院に入院をしました。1匹あたり平均3ヶ月の治療を有し、平均で7000豪ドル(約488,000円)を必要とします。マイケル・パイン院長は次のようにコメントしています。「クイーンズランド州に生息するコアラは、絶滅の危機に瀕しています。将来にわたって次の世代にコアラを残すためには、いま行動する必要があります」、「カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルにおけるコアラの入院件数は、この10年間で急激に増加しています。森林火災と干ばつにより住処を奪われただけでなく、現在クラミジア感染症が同様に深刻な問題となっています。カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルに入院するコアラの半数以上は、クラミジアを発症しています」また、「近年はより多くの人々によって野生動物を当病院まで搬送していただきました。予防接種の管理、病気の解明や研究等高いレベルの治療を提供し続けるためには、皆様の寄付が必要です」と訴えました。

カランビン・ワイルドライフ・ホスピタルでは、10豪ドルから寄付を受け付けています。
https://shop.currumbinsanctuary.com.au/products/donations

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram