オンライン旅行市場規模、2割増の4.5兆円

  • 2018年11月26日

 米国の旅行調査会社の日本事務所、フォーカスライトJapan(牛場春夫代表)は12日、2017年度の日本のオンライン旅行市場規模(サプライヤーの売上高)が前回調査(15年度)比19%増の約4兆5千億円に達したと発表した。27日に発売する「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」で詳細についてリポートしている。

 旅行関係のサプライヤーとして宿泊施設、航空、鉄道、バス、レンタカー、クルーズの6分野のオンライン売上高を算出した。売上高全体に占めるオンライン販売比率は同6ポイント増の45%となった。

 また、旅行会社、オンライン・トラベル・エージェント(OTA)を合わせた旅行業者の国内のオンライン取扱高は、同27%増の約3兆円と推定。取扱高全体に占めるオンライン販売比率は同6ポイント増の36%だった。

 旅行業者のオンライン販売シェアについては、楽天トラベルとじゃらんnetのシェアが大きいとしながらも、17年度調査結果の特徴として「エアトリやスカイチケットの新興OTA、エクスぺディアやブッキング・ドットコムの海外OTAの大きな成長が挙げられる」と指摘している。

 「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」は、総合電子書籍販売サイトBookWayと、BookWayヤフーショップ(紙媒体のみ)でオンライン販売する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram