エミレーツ航空、ドバイ国際空港ファーストクラス専用ラウンジ営業再開

  • 2021年7月22日

 エミレーツ航空は15日、ドバイ国際空港ファーストクラス専用ラウンジの営業を再開したと発表した。

エミレーツ航空は、ドバイ国際空港(DXB)のコンコースBにあるファーストクラス専用ラウンジの営業を再開しました。世界各地で渡航規制が緩和され、海外旅行を円滑化する手続きが整備される中、エミレーツ航空はドバイのハブ空港で高まるプレミアムクラス利用者の出発および乗り継ぎ需要に対応しています。

また、2020年7月から再オープンしているコンコースBのビジネスクラス・ラウンジも引き続き営業しており、ファーストクラスとビジネスクラスのお客様、およびご利用条件を満たすエミレーツ・スカイワーズ会員のお客様がご利用いただけます。

エミレーツ航空のファーストクラス・ラウンジでは、安全と健康を考慮した感染症対策が導入されており、お客様は次のような特別なサービスを存分にお楽しみいただけます。

  • 『タイムレス・スパ』での無料フェイシャルトリートメント
  • 『シューシャイン・バイ・ミスター・コブラー』での無料靴磨きサービス
  • 『モエ・エ・シャンドン・シャンパン・ラウンジ』で4種の代表的なヴィンテージ・シャンパン
  • 高級ワインとスピリッツ専門店『ル・クロス』での特別オファー
  • 『ディルマ・ティー』の限定ブレンドティーなど

営業再開したエミレーツ航空のファーストクラス・ラウンジでは、ダイニングエリア、休憩スペース、交流エリアの座席が刷新され、広々とした空間になりました。ファーストクラスのお客様は、上質なワイン、スピリッツ、カクテルの豊富な品揃えに加え、エミレーツ・フライト・ケータリングのシェフが手がける55種類以上の料理を含む、一新されたメニューをお楽しみいただけます。

食の最新トレンドとお客様からのご意見やご要望を反映したエミレーツ航空のファーストクラス・ラウンジの新しいメニューでは、和牛の炭火焼バーガー、72時間煮込んだビーフショートリブ、フォアグラのテリーヌ、ブラックアンガスのテンダーロインステーキ、伝統的なエミラティの朝食などの注目料理に加えて、ヴィーガン、グルテンフリーなどのヘルシーなメニューもご用意しています。

世界各国へ運航しているエミレーツ航空は、さまざまな時間帯にご旅行されるお客様のために、ラウンジで朝食と昼食を24時間提供しています。また、さっぱりとしたアイスクリームやモクテルも多彩な種類からお選びいただけます。

この1年間、エミレーツ航空はプレミアムクラス利用者に向けた地上サービスを安全かつ段階的に再開する計画を進めてきました。最新の取り組みとして、コンコースBのエミレーツ・ファーストクラス・ラウンジの営業を再開したほか、70都市で無料の運転手付き送迎サービスを提供し、世界各地*のエミレーツ・ラウンジの営業も再開しました。
*ドバイ、カイロ、ニューヨークJFK、マンチェスター、ボストン、ミラノ、ロサンゼルス

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら