エミレーツ航空、サブスクリプションサービス「スカイワーズ+」開始

  • 2021年8月27日

 エミレーツ航空は20日、サブスクリプションサービス「スカイワーズ+」を開始したと発表した。

 

エミレーツ航空とフライドバイ*のマイレージ・プログラム、エミレーツ・スカイワーズ・ロイヤリティ・プログラム(以下、エミレーツ・スカイワーズ)は、新たにサブスクリプション型の年会費制特典プログラム『スカイワーズ+』(スカイワーズ・プラス)の提供を開始しました。

これまでに数々の受賞歴を誇るロイヤリティ・プログラム『エミレーツ・スカイワーズ』の登録者数は2,700万人にのぼり、会員はエミレーツ航空とフライドバイのご利用でマイルを貯めることができます。

『スカイワーズ+』は2019年から一部の会員にのみ試験的に提供されていましたが、この度、サービスをすべてのスカイワーズ会員向けに提供を開始しました。

エミレーツ・スカイワーズの会員は、オンラインから簡単に『スカイワーズ+』の年間特典パッケージを申し込むことができます。プランは『クラシック』、『アドバンス』、『プレミアム』の3種類で、年会費は399米ドルから。会員は年間を通じてボーナスマイルやティアマイル、アップグレード特典の割引、空港ラウンジの利用、キャッシュ+マイルの優待レートなど、さまざまな特典を利用することができます。

会員が自分に適した特典パッケージを選べる『スカイワーズ +』
『スカイワーズ +』のパッケージは『クラシックパッケージ』(年会費399米ドル )、『アドバンスパッケージ』(年会費699米ドル)、『プレミアムパッケージ』(年会費999 米ドル)の3種類。**
スカイワーズの会員であれば、誰でも『スカイワーズ +』のパッケージを申し込むことができます。

クラシックパッケージの特典:20% のボーナス・スカイワーズマイル獲得、対象エミレーツ・ビジネスクラス・ラウンジの利用(年2回)、5kgの追加受託手荷物許容量など。

アドバンスパッケージ』の特典:アップグレード特典の20%割引、10kgの追加受託手荷物許容量または受託手荷物1個の追加、対象エミレーツ・ビジネスクラス・ラウンジの利用(年5回)など。**

プレミアムパッケージ』の特典:20%のボーナス・ティアマイル、アップグレード特典の20%割引、対象エミレーツ・ビジネスクラス・ラウンジの利用(年10回)、10kgの追加受託手荷物許容量または受託手荷物1個の追加など、現在のティアステータスの維持や次のティアの達成がさらに容易になります。**

エミレーツ・スカイワーズは、世界的な革新的サービスで業界をリードし続けており、世界で初めて会員ステータスを2022年まで延長したロイヤルティ・プログラムのひとつです。また、2020年4月以降に有効期限が切れるスカイワーズマイルの有効期限は2021年12月31日まで延長され、エミレーツ・スカイワーズ会員はマイルを利用してさまざまな特典をご利用いただける機会が増えました。

エミレーツ・スカイワーズには、ブルー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つの会員ティアがあり、各ティアに応じた限定特典を会員に提供しています。また、エミレーツ・スカイワーズ会員は、航空会社、ホテル、レンタカー、金融、レジャーやライフスタイルブランドなど、さまざまな提携先でマイルを獲得することができます。スカイワーズマイルは、提携航空会社の航空券に加え、ホテルでの宿泊、スポーツや文化イベントで使えるサービス、お金では買えない体験など、幅広い特典と交換することが可能です。

サービスの拡大と接続性の向上
UAE(アラブ首長国連邦)が入国手続きを緩和し、英国がUAEからの渡航者の入国制限を緩和したことを受け、エミレーツ航空はネットワーク全体で急増する旅行需要に積極的に対応しています。英国発着便の拡大をはじめ、米国での運航強化、アフリカでのサービスの再開等を含む、ドバイ発着便および経由便の運航およびサービスの拡大を通じて、エミレーツは利用者に高い接続性を提供しています。

*フライドバイはドバイに拠点を置くLCC。エミレーツ航空の提携航空会社のひとつ。
**規約が適用されます
**追加受託手荷物には規約が適用されます

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram