エミレーツ航空、エア・カナダとのロイヤリティプログラム提携を開始

  • 2022年12月20日

 エミレーツ航空とエア・カナダは2022年12月13日、提携関係を拡大し、フリークエント・フライヤー会員向けの共通ロイヤリティ・プログラム特典の提供を開始したと発表した。エミレーツ航空のエミレーツ・スカイワーズ会員は、エア・カナダが運航するすべてのフライトでマイルを獲得・利用できるようになり、世界220都市以上のネットワークにアクセスできるようになった。

エア・カナダのアエロプラン会員は、エミレーツ航空の全運航便でポイントを獲得・利用することができ、エミレーツ航空の本拠地であるドバイを経由して世界6大陸の130以上の都市にアクセスできるようになります。

  • エミレーツ航空とエア・カナダのロイヤリティ・プログラム会員は、エア・カナダとエミレーツ航空の全運航便でマイルとポイントの獲得・交換が可能
  • ドバイとトロントで、最上級クラスのロイヤリティ会員向けに空港ラウンジの相互利用特典を提供予定
  • 両航空会社間でのコードシェア提携も開始し、3大陸46都市*へのシームレスなアクセスを提供

エミレーツ・スカイワーズの上級副社長ネジブ・ベン・ケダーと、エア・カナダの商品開発・マーケティング・eコマース担当上級副社長兼アエロプラン社長のマーク・ユセフ・ナスル氏は、ドバイのエミレーツ・グループ本社にて協定書に調印しました。

 エミレーツ・スカイワーズの上級副社長ネジブ・ベン・ケダーは、次のように述べています。「エア・カナダとのパートナーシップを強化し、正式に共同ロイヤリティ・プログラムの提供を開始できることを大変嬉しく思います。今後、約4,000万人のマイレージプログラム会員の皆様は、350以上の都市でマイルを獲得・交換し、ラウンジの利用などの特典をお楽しみいただけるようになります。また、アエロプランのお客様にエミレーツ航空の受賞歴のある商品と優れたサービスをご利用いただけることを楽しみにしております」

 エア・カナダの商品開発・マーケティング・eコマース担当上級副社長兼アエロプラン社長を兼務するマーク・ユセフ・ナスル氏は、次のように述べています。「各地域で最も評価される2つの航空会社が、それぞれ最も認知されている2つのロイヤリティ・プログラムが一緒になることで、素晴らしいサービスを提供することができます。多様な移民からなるカナダの友人や家族を繋いだり、世界中の魅力的な旅先を探す旅行者をサポートしたり、あらゆる目的に応じた魅力的なプログラムになっています。アエロプランがより良い旅を会員の皆様に提供し続けるうえで、エミレーツ航空及びエミレーツ・スカイワーズと提携できることを誇りに思います。」

旅の選択肢が増え、より多くのマイルを獲得
今回の新しい提携により、エミレーツ航空のエミレーツ・スカイワーズ会員のお客様は、エア・カナダのすべての対象フライトでマイルが獲得できると同時に、エア・カナダのネットワークで特典航空券に交換することも可能となります。特典航空券は、エコノミークラスで片道8,000マイルから、ビジネスクラスで片道16,000マイルからとなります。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.emirates.com/ca/english/skywards/partners/air-canada/ (英語)

エア・カナダのアエロプラン会員のお客様は、購入した運賃タイプに基づき、エミレーツ航空が運航するすべての対象便でアエロプランポイントを獲得することができ、また、エミレーツ航空のフライトでアエロプランポイントを交換することも可能です。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.aircanada.com/ca/en/aco/home/aeroplan/partners.html#/airlines (英語)

また、アエロプラン会員のお客様は、エミレーツ航空のエコノミークラスおよびビジネスクラスのフライトで、追加料金なしで片道15,000ポイントからアエロプランポイントを利用できるほか、アエロプランの幅広い提携航空会社のネットワークと組み合わせて、1枚のチケットで多くの特典を受けることができます。アエロプランポイントをエミレーツ航空ファーストクラスのフライトへ交換する特典は、2023年初めに導入予定です。

プレミアムラウンジのご利用
エア・カナダまたはエミレーツ航空でエコノミークラスをご利用のエミレーツ航空エミレーツ・スカイワーズのプラチナ及びゴールド会員のお客様は、ご同行者1名様と一緒にエア・カナダのメープルリーフ・ラウンジおよびトロントピアソン国際空港のエア・カナダ・カフェも無料でご利用いただけます。

アエロプランのエリート50K、エリート75K、スーパーエリート会員のお客様がエミレーツ航空のエコノミークラスでご旅行される場合は、ドバイにてご同伴者1名様と一緒にエミレーツ航空ビジネスクラス・ラウンジを無料でご利用いただけます。

北米、アジア、中東、アフリカへのアクセス
両社は今年初めにコードシェア提携を開始し、北米、アジア、中東、アフリカへのシームレスな接続をお客様に提供しています。エミレーツ航空のお客様は、カルガリー、エドモントン、ハリファックス、モントリオール、オタワ、バンクーバーなど、トロント以外のカナダの都市を発着するフライトの予約が可能になりました。

エア・カナダのお客様は、ドバイ経由でエミレーツ航空の広範なネットワークにシームレスにアクセスすることができ、コロンボ、ダッカ、カラチ、ラホールなどのインド亜大陸の各都市や、バンコク、ハノイ、プーケット、クアラルンプール、シンガポールなどの東南アジア都市、中東のジェッダ、マスカット、アフリカのアディスアベバ、ダルエスサラームなど多くの目的地への渡航が可能です※。

受賞歴のあるロイヤリティ・プログラム
エミレーツ・スカイワーズは、業界をリードする取り組みと革新的なサービスで評価を受け、フリークエント・トラベラー・アワード2021では、「ヨーロッパ・中東・アフリカにおける年間最優秀プログラム」と「ベストカスタマーサービス」の栄冠を獲得しました。また、2022年のワールド・トラベル・アワードでは「ワールド・リーディング・エアライン・リワード・プログラム」として表彰され、2022年のUSA TODAY 10 Best Readers’ Choiceでは「ベスト・フリークエントフライヤー・プログラム」のトップ10にランクインしています。

2020年11月のリニューアル以来、エア・カナダのアエロプランは、アメリカ大陸で最も優れた航空会社ロイヤリティ・プログラムの一つとして評価されています。会員による投票で決定される世界の優れたフリークエント・トラベル・プログラムを選出するフレディ・アワードで2022年にベスト・リデンプション・アビリティ賞、2021年のフリークエント・トラベラー・アワードのベスト・アーン&リデンプション・アビリティ賞などを受賞しています。

詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
https://www.emirates.com/jp/japanese/skywards/
https://www.aircanada.com/ca/en/aco/home/aeroplan.html#/ (英語)

*利用規約が適用されます。
*コードシェア便は政府の認可によって決定します。

エミレーツ・スカイワーズについて
受賞歴のあるエミレーツ航空とフライドバイのロイヤルティプログラムであるエミレーツ・スカイワーズの会員数は約3,000万人に上ります。エミレーツ・スカイワーズの会員は、航空会社、ホテル、レンタカーから金融、レジャー、ライフスタイルブランドまで、さまざまな提携先でスカイワーズ・マイルを獲得できます。スカイワーズ・マイルは、提携航空会社の航空券、フライトのアップグレード、ホテルの宿泊、チケット、スポーツや文化イベントでのサービス、ツアー、お金では買えない体験など、幅広い特典に交換することができます。

エア・カナダについて
カナダ最大の航空会社であるエア・カナダは、カナダの旗艦航空会社であり、世界で最も包括的な航空輸送ネットワークであるスターアライアンスの創立メンバーでもあります。エア・カナダは、カナダ国内50空港、米国47空港、海外69空港に直接乗り入れ、定期旅客サービスを提供しています。スカイトラックス社からは4つ星を獲得しています。エア・カナダのアエロプラン・プログラムはカナダ随一の旅行ロイヤリティ・プログラムで、会員のお客様は世界最大の提携航空会社45社以上のネットワークでポイントを獲得・交換できるほか、さまざまな商品、ホテル、レンタカー特典を利用することができます。貨物部門であるエア・カナダ カーゴは、ボーイング767-300型貨物機によるエア・カナダの旅客便および貨物専用便を利用し、6大陸の数百の目的地に航空貨物輸送と接続サービスを提供しています。エア・カナダは、2050 年までに世界の全事業所からの廃棄物排出をゼロにすることを目標に掲げています。

エミレーツについて  
エミレーツ航空は、2002年に日本就航を開始。成田国際空港、東京国際空港(羽田)と関西国際空港からドバイをはじめとする世界各地へ、快適な空の旅を提供しています。2022年のスカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードでは、「ワールド・ベスト・エコノミークラス」「ワールド・ベスト・エコノミークラス・ケータリング」のほか、17年連続で「ワールド・ベスト機内エンターテイメント」の3部門で受賞するなど、提供する商品やサービスで数々の賞を受賞しています

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram